伝 0v0 言

  1. [予定]第1章の小テストの実施について(2017年6月13日記入)

    ■第1章が終わりましたので、次週20分程度の小テストを実施します。
    ■実施日:6月20日(火)

  2. [課題]データベースシステム(課題2)(2017年6月6日記入)

    ■課題内容

    SQLシステムを利用して、「SQLでデータ分析」を完成し、その結果と考察を行うこと。

    また、この章で学習したことについて自由に意見を述べなさい。

    ■提出期限

    6月20日(火)

  3. [其他]SQL実行システムでの間違い箇所(2017年6月6日記入)

    添削願いに投稿されたプログラムをチェックした結果以下の間違いがありました。


    1. DB.Provider="Microsoft.ACE.OLKDB.12.0" →OLKDB(X) OLEDB(o)

    2. DB.OpenServer.MapPath →DB.Openで一つの命令。空白を入れてServer.MapPathとする


    ということで、データベースのオープンが正常にできなかったことによるエラーが発生。
    データベースをオープンしていないので、データベースを破壊することはなかった。
    PDFファイルをコピー&ペーストした場合、フォントの関係で半角アポストロフィが全角になることがあるので注意。

  4. [課題]データベースシステム1(課題1)(2017年5月9日記入)

    ■課題内容
    初めてのWebシステム「四則演算」を完成させ、プログラム、実行画面をワードにまとめて提出してください。
    その際、考察(工夫したこと、悩んだことなど)を書いてください。
    ■ファイル名
    四則演算
    ■提出期限
    5月15日(火)
    ■提出要領
    「文箱」へ

  5. [其他]課題研究例の追加(2017年4月25日記入)

    ■データベースシステムUの昨年度の課題例の問合わせがありましたので、寮の掃除管理システムを公開します。
    掃除報告
    掃除チェック

  6. [予定]2017年度データベースシステムTについて(2017年4月6日記入)

    本年度は夜間主開講のみとなります。講義資料は左側の文箱からダウロードしてください。講義内容はシラバスの通り行いますが、本年度は演習を多く取り入れて、また定期的に確認テストを実施し期末試験に代えたいと考えています。
    ■講義開始日:4月11日(火) 7限目(19時20分から)

  7. [課題]データベースU最終評価課題提出について(2017年1月24日記入)

    □課題名
    最終課題報告書
    □提出内容
    1.システム概要書
     システム分析と設計、プログラムと動作テスト結果、
     システムの有用性、達成度、今後の課題
    2.ZIPファイルによるファイル提出
     プログラムとデータベース一式
    □提出期限
     2月14日(火)
    □その他
     質問、添削をメールにて受け付けます。

  8. [休講]バーコードリーダー参考(2016年11月29日記入)

    ◆素朴な質問コーナー
    ◇Q そもそもなぜバーコードリーダーを使うとセルに値が入力されるのですか?
    ◇A パソコン側から見れば、バーコードリーダーはマウスやキーボードと同じ「入力するための装置」として見なされます。したがってキーボードを叩いたときと同じように、バーコードを読み取ることで値がパソコンに取り込まれる仕組みになっているのです。ただ、マウスやキーボードと異なるのは「バーコードの内容を解析して、これを数値や文字列に変換して入力できる」という点です。これにより、バーコードに記録された値を瞬時にセルに入力できるのです。

    ◇Q セルに入力した後、カーソルをすぐ右横のセルに移動したいのですが?
    ◇A 「USBBARScan」の初期設定では、読み取ったバーコードの値に改行コード(CR/LF)が付加されてパソコンに送り出されます。したがってバーコードを読み取った後は、キーボードから値を入力して[Enter]キーを押したときと同じように、すぐ下のセルにカーソルが移動するように設定されています。
    バーコードを読み取った後にすぐ右側のセルにカーソルを移動させたい場合は、「USB BARScan FAQ Q03-06」(http://www.technical.jp/usbbarscan/faq.html#q03-06)の方法で、改行コード(CR/LF)をTABに変更します。

    ◇Q バーコードの商品コードを入力すると、商品名も自動入力することはできませんか?
    ◇A VLOOKUP関数を使うと、入力したセルの値をもとに、他のワークシートやブックのデータを参照することができます。たとえば、このサンプルで使用した「棚卸表.xls」から商品コード(B列)を入力すると、同じブックの「Sheet2」にある商品台帳の商品名を取り出して、これを商品名(C列)に表示させるには、次のように操作します。

    【手順1】「Sheet1」をクリックし、棚卸表を表示します。
    【手順2】セルC3をクリックし、「=VLOOKUP(B3,」と入力します。
    【手順3】「Sheet2」をクリックし、商品台帳のデータを表示します。
    【手順4】セルA2からセルB17までのセル範囲(商品コードと商品名が入力されているセル範囲)をドラッグして選択します。
    【手順5】数式バーをクリックし、すでに自動入力されている「=VLOOKUP(B3,Sheet2!A2:B17」の後に、「,2,FALSE)」と入力します。
    ※この操作を行うと、自動的に「Sheet1」に戻り、セルC3には「=VLOOKUP(B3,Sheet2!A2:B17,2,FALSE)」という数式が入力されます。
    【手順6】セルC3に入力された数式を、他のセル範囲(C4〜C20)にコピーします。

  9. [其他]データベースシステムT解答例(2016年7月26日記入)

    筆記試験の解答例をH28年度データベースT解答例.pdfファイルとして文書管理にアップしました.
    時間があれば確認してください.
    なお,実体と関連名の名称は任意として採点しています.

  10. [課題]データベースT総合課題(2016年7月20日記入)

    ■課題内容
    講義資料「データベース操作.pdf」の最終ページ「データベースT総合課題」
    ■提出期限
    8月9日(火)
    ■その他
    必須ではありませんが試験勉強にもなりますし、評価にかなり有利になります。

  11. [課題]情報学への招待ー課題(クロス集計)(2016年7月19日記入)

    ■課題内容
    アンケート調査編43ページの問1から3についてデー分析し、検定を含めて考察してください。
    ■ファイル名
    情報学への招待ークロス集計
    ■締め切り
    8月9日(火)

  12. [其他]データベースのいろいろ質問回答集(2016年7月19日記入)

    Q:テストと出席とレポートの配点をもう一度教えていただきたい。
    A:テスト:出席:レポート=50:30:20+ボーナスポイント
    を基本としますが、極端にテストの出来が悪かったり就活で出席が少ない人には、レポート重視の評価をします。素晴らしいレポートを目指して努力してください。

    Q:授業で習ったもの以外に正規形や非正規形はあるのでしょうか。
    A:非正規形がどういうものを指すのかがわかれば、一つしかありません。つまり、集合の組のある要素がatomicでないということです。

    Q:プログラミング言語を学ぶならどの言語からがよいですか?
    A:コンピュータとプログラムを理解するならVBで不足はないと考えています。最近は小学生向きにscratchなどパズルを組み合わせるように作成する視覚的なプログラム言語もあります。一方、プログラミングを職業とするなら、ちょっと骨の折れるC++で鍛えるのが良いでしょう。JAVAにしろ、今日の多くの言語はC++を基本にしていて、かつAPIなどが使いやすくできています。IBMのBlueMixも面白いです。

    Q:SQLを日本語でできませんか?
    A:結論から言うと需要がありません。それほど難しい構文でないので理解してください。

    Q:SQL実行システムを実行するときにURLをhttp://hi-ipc5〜と打つがこれは何の行為なのか??
    A:スマホでいろいろなWebサイトをタップして見ていると思いますが、そのタップしている画像や文字列(の裏側)にはhttp://....というURLが書き込まれていてWebサーバーにリンクしているのです。それを手打ちしているとでも言えばいいでしょうか。ともあれ仕組みを理解してください。


    Q:総合課題全員提出ですか?
    A:必須ではありません。提出期限を試験後にしていますので、このシルバーグレードのレポートで単位が限りなく保証されますので提出しない手はないでしょう。

    Q:総合課題についてよくわからなかったので詳しく知りたい。
    A:講義ではレンタサイクルやコンビニ店の販売を例にしましたが、総合課題では自分で課題を見つけてデータベースの設計をしてください。例えば図書館の本の貸し出し(実体は学生と図書)、ビデオレンタル(実体は会員とビデオ)など実体が2つ以上あることが望ましいです。

    Q:SQL文を覚えるのが難しいのですが、覚え方はありますか?
    A:この講義で取り上げたSELECT FROM WHEREをまず覚えてください。これだけで、データベースから必要とするデータを検索できます。GROUP BYが分かれば合計や平均などの分析ができるようになります。

    Q:課題のクロス集計がわかりませんでした。
    A:Transform pivotの例文どおりにSELECTの枠にすべて打ち込めば表示されます(そういう質問ではないのかもしれませんが)。

    Q:キー制約がよくわからないので、高次の正規化がわかりません。
    A:キー制約には一意性制約というのがあります。つまり、Key→非key属性の関数従属性があります。しかも商品コードのようにKeyが一つの属性だけの場合は完全関数従属になりますから第2正規形となります。第2正規形の中に推移従属がなければ第3正規形になります。このようにKeyを基準に高次化できます。

    Q:過去問と同じ問題ですか?
    A:講義時間に説明した以外には申しあげられません。

    Q:データベースシステムUでは何のシステム/言語を使って何をするのか知りたい。
    A:各自が設定したデータベース応用システムを一から作成します。すなわち、システム分析、設計、実装の順に開発していきます。その都度プレゼンテーションして、不備がないか?実現可能か?などのアドバイスをしながら進めます。システム開発環境はデータベースシステム1と同じですが、それ以上のスキルがある人はその言語(環境)で開発できます。

    Q:SQLの実行結果が真っ白です。何も表示されません。どうしたらいいですか?
    A:講義時間に「そのような人はいないか?」と尋ねましたが、誰もいませんでしたので、全員動作しているものと判断しました。質問の手がかりだけでは答えようがありません。

  13. [課題]H28データベース課題2(2016年7月5日記入)

    ■課題内容
    「データベースシステムT入門」22ページ掲載のSQLによるデータ分析を、SQL実行システム用いて行いなさい。
    ■提出方法


    1. 「文箱」からレポート提出すること。


    2. ファイル名は’データベースレポート2’


    3. ファイル名には半角スペースを使わないこと


    4. ファイル名の先頭には滋賀大メールアドレスの@左側を付けること




    ■提出期限
    7月12日(火)

  14. [課題]情報学への招待(回帰分析)(2016年6月7日記入)

    ■課題内容
    回帰分析講義資料P.31,32の「手と頭を使って単回帰分析の演習-1-および-2-」より、以下のことをまとめる、
    1.散布図の作成と回帰式の導出、
    2.回帰式の評価、R2乗とF検定から
    3.回帰分析の総合考察
    4.カモンちゃんビールの売上予測
    5.売上予測を達成するためのCMの評価獲得度

    ■課題名
    情報学への招待-回帰分析1.xlsx または docx

    ■提出期限
    6月21日(火)
    ■補足
    質問が多岐にわたり、多すぎて書けませんでした。講義で資料に基づいて再度説明します。

  15. [其他]補足のまとめ(2016年6月7日記入)


    1. VBAとACESSは何が違うのか。

      VBAはEXCELやACCESSで使用できるマクロ言語。ACCESSはデータベース管理システムですが、単体で実用的なシステムが構築できるフォームやクエリなどの機能を持った統合データベースシステム。さらに上位のデータベース管理ステムにはOLAP(Online Analysis Process)やデータマイニングなどの高度な分析機能が付加されている。

    2. 実務的にプロフェッショナルな人はどう使いこなせているのか
      幅の広い質問ですが、SEという職種で言うと、まずデータベースの設計(これが結構難しい)、つぎにユーザのための検索や分析システムの作成(アプリケーション開発)になります。そこそこのデータベースに関する成書を理解している必要があります。

    3. 父が仕事でFileMakerを勉強しています。Accessの学習はFileMakerにどこまで生かせますか?
      FileMakerはもともとはAppleコンピュータ用に開発されたカード型のデータベース管理システムでしたが、最近は、リレーショナルデータベースになり、さらにユーザフレンドリーなアプリケーションが開発できるソフトになっているようです。。
      本講義はACCESSを教える講義ではなく、リレーショナルデータベースの理論と実践を教えます。したがって、基本を理解するとともに広い知見から応用性を得ることができます。

    4. ACCESSは企業の実務でも、WordやExcelと同様に頻繁に利用されているのでしょうか?
      EXCELなどは個人が利用するソフトで、それはそれで便利ですが、ACCESSのようなデータベースは複数の人が同時に使用することを目的にしています。
      企業の業務ではACCESSではなく、上位のデータベース管理システム、ORACLE, SQL Serverなどを使用して情報システムを開発します。
      しかし、ACCESSでも、数十人規模の部署で手作業で行うことが当たり前と思っていた業務を、システム化することで効率化できます。

    5. なぜexcelではいけないのか?
      データの構造は複雑です。エクセルはそれをシートに混在させています。個人で使用するには都合がいいので問題はありません。しかし、企業全体のデータを管理し、さらに社員全員が共有して毎日使うことを考えると、不可能であると理解できますね。

  16. [課題]情報学への招待(夜間主)課題1(2016年5月17日記入)

    ■課題内容
    「情報学への招待(基礎・導入編)」24ページのデータ分析をエクセルの関数を駆使して行い、分析結果の考察を含めてレポートとして完成しなさい。
    ■提出方法


    1. 「文箱」からレポート提出すること。

    2. ファイル名は「情報学への招待レポート1」

    3. ファイル名には半角スペースを使わないこと

    4. ファイル名の先頭には滋賀大メールアドレスの@左側を付けること



    ■提出期限
    5月24日(火)

  17. [課題]平成28年度データベースのレポート1について(2016年5月10日記入)

    ■課題内容
    「データベースシステムT入門」10ページ掲載の、エクセルによるデータ分析を行い、結果の考察を含めてレポートととして完成しなさい。
    ■提出方法


    1. 「文箱」からレポート提出すること。

    2. ファイル名は’データベースレポート1’

    3. ファイル名には半角スペースを使わないこと

    4. ファイル名の先頭には滋賀大メールアドレスの@左側を付けること


    ■提出期限
    5月17日(火)

  18. [課題]データベースシステム最終課題の提出について(2016年2月9日記入)

    ■提出要領:「プログラム、データベース、システム報告書」を一つのフォルダーに入れて、そのフォルダーをZIP形式で圧縮して、http://taniac.shiga-u.jp/の文箱に投函してください。
    ■提出期限:4回生以上は2月17日(火)まで、それ以外は2月23日(火)まで。
    ■なお、講義の出席不振者は、原則として投稿資格がありません。

    ※プログラムで相談がある人は、プログラムはメール本文にを書き込み、データベースは添付して送ってください。なお、相談可能日は締め切り2日前までとします。

  19. [其他]12月8日の出席回答要領について(2015年12月8日記入)

    ■回答内容
    これまでのシステム分析のプレゼンテーションに対して、質問、コメントなどを投稿してください。
    ※なお、本日までに発表された「システム分析」ファイルを閲覧可能にしていますので、もう一度、チェックしていただくことができます。
    ■金曜日の午後1時までにお願いします。

  20. [課題]データベースシステムU 課題1(2015年11月10日記入)

    ■課題内容
    DBST-3データベース操作.pdfの12ページ目からの「SQL
    実行システムによる実習(1)と(2)」を、授業で作成したシステムを利用して実行し、そのSQL文と結果について考察してください。
    ■課題名
    DBS2-SQL操作プログラム
    ■提出期限
    11月20日(金)

  21. [予定]データベースシステムUを開講するにあたり(2015年10月6日記入)

    ■課題解決型授業を試みるデータベースシステムUの3年目が始まります。年々、興味深い問題にチャレンジする人が増え、さらに、本講義ではカバーできない技術を駆使する人が現れてきています。
    とっても素晴らしいことですね。

    ■本講義では皆さんの「こんなことができたらいいな、あんなことをしてあげたら喜ばれるかな」というアイデアを情報システム(データベースシステム)で実現することを狙いとしています。
    それが、ささやかなことであってもいいでしょう。この自力で考え、具体化する経験は大きな自信になります。そして、将来、役に立つときが来ることでしょう。

  22. [課題]情報学への招待最終課題(2015年7月15日記入)

    ■課題内容
    情報学への招待(アンケート調査編).pdfの11ページ(資料の番号は43ページ)のレポート「クロス集計とχ2検定」を完成して提出しなさい.
    エクセルファイルで提出するときは、問題ごとにシートを別にすること.
    ■ファイル名:クロス集計
    ■提出期限:8月7日(金)
    ■必ずデータサイエンスのアンケートに答えてください。
    谷口のトップページにリンクがあります。

  23. [課題]データベースT総合課題(2015年7月14日記入)

    ■課題
    資料「DBS-T_3データベースの操作.pdf」の23ページに記された「総合課題」に基づいてレポートを完成しなさい.
    ■課題ファイル名:DBS1総合課題
    ■提出期限:8月7日(金)

  24. [課題]データベースT課題3(2015年7月14日記入)

    ■課題目的
    目的1.テーブルの自然結合ができるようになること.
    目的2.データの検索だけでなく,SUM関数などによるデータ分析ができるようになること.
    ■実習内容
    ○1SQL実行システムを利用して,資料「DBS-T_3データベースの操作.pdf」の12
    ページから15ページのSQLコマンドの実習を完成させなさい.そして,得られた結果をもとにSQLコマンドの意味を各自の理解と言葉で解説しなさい.
    ○さらに,売り上げのデータ分析を目的とする操作コマンドにおいては,得られた結果を考察しなさい.
    ■課題ファイル名:DBS課題3
    ■提出期限:7月24日(金)

  25. [課題]情報学への招待-課題2-(2015年6月17日記入)

    ■回帰分析の演習
    回帰分析ができ、その回帰モデルの良さを重決定係数と分散分析(F値)から説明ができるよう理解度を強化するために、回帰分析編の資料を手直し、新たに29,30ページの演習を追加しました。
    そこで、2ページ分の演習を来週までにレポートとして谷口のWebサイトに提出してください。
    ■ファイル名:回帰分析基礎
    ■提出期限:6月23日(火)
    ■その他
    来週、指名システムで当たった人に解説してもらいます。

  26. [課題]データベースシステム課題No.2(2015年6月2日記入)

    ■SQLによるデータ分析のページ参照のこと。
    Rport-2を完成して提出しなさい。
    なお,分析結果に基づいて考察を書くこと。たとえば,商品別,店舗別の売り上げ分析はもちろんのこと,A店舗ではXという商品の売り上げが他店舗に比べて大きいが,どのような要因(観光地、都市部)が関係しているのかなど。
    アナリストになってください。
    ■ファイル名:「SQL売上データ分析」
    ■提出期限:6月8日(月)

  27. [課題]データベースシステム課題No.1(2015年5月15日記入)

    ■エクセルによるデータ分析のページ参照のこと。
    Rport-1を完成して提出しなさい。
    なお,分析結果に基づいて考察を書くこと。たとえば,商品別,店舗別の売り上げ分析はもちろんのこと,A店舗ではXという商品の売り上げが他店舗に比べて大きいが,どのような要因が関係しているのかなど。
    アナリストになってください。
    ■ファイル名:「売上データ分析」
    ■提出期限:5月25日(月)

  28. [課題]情報学への招待 レポートNo.1(2015年4月28日記入)

    ■課題内容
    情報学への招待(導入・基礎編).pdfの15ページ「彦根市の月別平均気温と琵琶湖の平均水温」を参照のこと。
    ■ファイル名:「気温と水温」
    エクセルでもワードでもPDFでもよい。
    ■提出期限
    5月12日(火)

  29. [其他]情報学への招待の演習室について(2015年4月20日記入)

    履修者多数のため,第1演習室第5演習室を利用して行います。どちらの演習室で受講していただいても構いませんが,詰めて着席し,あとから来る人が座りやすいように配慮してください。演習が主体ですから前席に座った方が理解度が増します。
    講義中の質問はコンピュータによって自動的に指名します。回答状況に応じてボーナスポイントが付き評価に反映します。なお,欠席はマイナスポイントとなります。

  30. [其他]「情報学への招待」を受講希望する人へ(2015年4月9日記入)

    本講義は「手と頭を使ってデータ分析」をコンセプトにしていますので,一人1台のPC割り当てが前提となります。第1回目の授業では,情報処理センター第5演習室の座席数を超える聴講がありました。
    履修機会の公平性を保証したいと思いますが,おおよそ5つのレポートが課されますので,最後まで遂行できるか熟慮して履修を決めてください。

  31. [予定]課題報告会(2015年1月27日記入)

    ■期日:1月27日(火)3限目
    ■報告内容:課題となるシステムの概要説明に続いて,システムを実演する。
    ■提出要領:
    1.期限:2月10日まで。
    2.プログラムとデータベース等をZIP形式に圧縮して提出すること。
    ■その他:27日の報告は単位取得の条件として重要です。

  32. [予定]システム分析のプレゼンテーション(2014年11月18日記入)

    ■11月18日の講義は,各自のシステムについて,これまで行ってきた「DFDによるシステム分析」について説明してもらいます。
    ■発表前に,「文箱」にプレゼンファイル(パワーポイント)を登録してください。

  33. [課題]データベースU課題1について(2014年10月16日記入)

    課題解決型授業を試みるデータベースシステムUの2年目が始まりました。授業中にも説明したように,皆さんのアイデアを具現化してください。今,世界は語学力とITスキルをグローバル人材の要件としています。おおいに頑張ってください。
    さて,そのスキルを理解するための「初めの一歩」となる課題を以下のように設定しました。
    ■課題内容:講義資料「DBSU-1_講義概要.pdfのページ8「練習問題」を完成させる。
    ■提出要領:ワードなどでレポートを作成し,当ウェブサイト「文箱」からアップロードする。
    ■注意点
    1.ファイル名:「メールアドレスの@左側+課題1」とする。
    2.レポートの書き方は,ソースプログラムと結果の提示,そして説明と考察を書くこと。
    ■提出期限:10月27日(月)

  34. [其他]レポート回収について(2014年8月21日記入)

    8月21日午後3時までに提出されたレポートは回収しました。
    ※表示されないのはエラーではありません。

  35. [課題]データベースシステム最終課題(2014年7月28日記入)

    最終課題は以下の2点です。いずれも提出期限は8月22日(金)とします。
    No.1:講義資料『DBST_3データベースの操作』より,「SQL実行システムによる実習(1)」,「SQL実行システムによる実習(2)」に基づき,
    1.SQLコマンドの表示
    2.結果データの表示(コマンドの正しさが判定できる程度の量)
    3.コマンドの考察(やさしいコマンドの場合は考察を省略しても構いません)。コマンドの応用例があると,なお良い。

    No.2:同講義資料より「データベースシステム−総合課題」をまとめること。

    ■提出期限:8月22日(金)

    ■補足


    1. SQLコマンド実行システムが,どうしても動作しない人は,以下のシステムを利用してもよいものとします。その時は,エラーメッセージを示し,「サンプルシステムを利用した」と明記してください。
      http://taniac.shiga-u.jp/example/select.html

    2. No.2の課題では,授業中に説明したデータベースでも減点はしません。しかし,問題意識を持ってみると,身近にいろいろあるものです。創造力を高く評価します。

  36. [課題]データベースシステムT-レポート3(2014年7月1日記入)

    ■課題内容:講義資料「DBST_データベース設計.pdf」の最後のスライドを見てください。
    ■ファイル名:データベース設計
    ■提出期限:7月22日(火),午前中までに
    ■補足説明


    1. ファイル形式:Word,EXCEL,PDFが望ましい。

    2. 問4は,Accessのリレーションシップ画面を貼り付けてください。
      これで,一目瞭然となります。設計の課題ですから,データは参考までに少量の提示にしてください。

    3. 完全関数従属の補足:
      本例のデータ構造においては,商品テーブルのキーである”商品コード”をやめて,

      {商品コード,店舗コード,日付}

      からなる属性集合をキーとしてもキー制約は成り立つ。
      つまり,次の関数従属が存在する。

      {商品コード,店舗コード,日付}→{単価,売上個数,売上金額}

      ここで,キー属性集合の真部分集合は,次の6要素となる。
      商品コード,
      店舗コード,
      日付,
      {商品コード,店舗ーコード},
      {商品コード,日付},
      {店舗コード,日付}

      この中に,次の関数従属が存在する。

      商品コード→単価,{売上個数,売上金額}

      したがって,次の関数従属は完全関数従属とは言えない。
      {商品コード,店舗コード,日付}→{単価,売上個数,売上金額}
      そこで,この場合は,

      {商品コード,店舗コード,日付}→{売上個数,売上金額}
      {商品コード}→{単価}

      に分割する。


  37. [其他]Webシステムが動作しない原因例(2014年6月3日記入)


    1. Webブラウザで"input.html"を開いているだけ。
      URLを確認すると"file:///X:/webpages/input.html"となっていることを確認。
      対処:http://hi-ipc5-***.integacc.shiga-u.ac.jp/input.html

    2. BabyWebServerが起動していない。

    3. 作成したファイルがx:webpagesに保存されてない。
      404 Not Fpundというようなエラーが出る。

    4. 以上に間違いがなく、正しくデータを入力しても、何も表示されない。FormタグのAction=の間違い。もしくはプログラムファイル名が間違っている。
      たとえば、keisan.txtになっていないか?

    5. 行番号とエラーメッセージが出る。コンパイルエラーで脈がある。原因はその行のタイプミス。よく観察しよう。
      今回の例では、Responce.Writeでエラーが出ていた。正しくはResponSe.Write


  38. [課題]データベースシステム課題2(2014年5月14日記入)

    ◼︎課題ファイル名:アクセスによるデータ分析
    ◼︎課題内容:エクセルで行った分析をデータベース操作言語SQLで行うこと。また分析内容も豊かにすること。
    ◼︎提出期限:5月26日
    ◼︎その他
    アクセスの分析結果(画面)もコピーしてワードに貼り付けることができます。試してください。

    ■補足


    1. アクセスの出力結果は、すべてを表示する必要はありません。SQLを示してください。そのSQLを実行すると「こうなるよ!」ということがわかる分量のデータ表示で結構です。

    2. 次のSQLが正しく実行されない理由について

      SELECT * FROM 売上データ SUM(売上金額) AS 売上合計 WHERE `緑茶`;
      GROUP BY 商品名
      ORDER BY SUM(売上金額) DESC;

      SELECT句の使い方が理解できていません。


      正解例
      SELECT 商品名, SUM(売上金額)AS 売上合計
      FROM 売上データ
      WHERE 分類=’緑茶’
      GROUP BY 商品名
      ORDER BY SUM(売上金額) DESC;

    3. 提出ファイルはWordが望ましいです。



  39. [課題]データベースシステム課題1について(2014年4月24日記入)

    ■課題名(ファイル名):エクセルによるデータ分析
    ■課題内容
    「DBS_1売上データ.xls」を講義資料「DBS_1イントロダクション.pdf」の8ページ目にしたがって分析し考察する。
    データ分析は手段であり、分析結果から経営につながる情報を得ることが目的。字数制限はない。
    【考察例】


    1. 季節と商品の特性に着目した販売分析

    2. 店舗の立地条件、客層に着目した販売、消費者分析

    3. 各自の知見に基づく分析(オリジナリティは高く評価する)


    ■提出期限:5月2日(金)
    ■提出要領:提出文書はワードでもエクセルでもよいが、エクセルの場合は分析データを除くこと(分析結果のみとすること)
    提出は谷口のHPの文箱へ。メール添付による提出は受理しない。
    ■質問に基づく補足事項

    1. ピボットテーブルの説明は講義資料「基礎演習(アンケート分析編)」を参照のこと。

    2. 字数は特に定めないが、受講者の分析力みるため丁寧であるにこしたことはない。

    3. エクセルの場合、考察はテキストボックスを使用して記述するとよい。


  40. [課題]データベースシステムU最終レポート課題と成績評価につて(2014年1月27日記入)

    ■提出期限:平成26年2月14日(金)
    ■レポート主旨と内容.
    データベースシステムUでは,本年度課題解決型講義を実施しました.それは,データベース,プログラミング,Web技術を組み合わせて,自らの創案による情報システムを完成させることを目的としています.
    例題による基礎学習を経た後,各自の課題をDFDによりシステム分析し,構造化設計技法によりシステム設計をしました.その都度,講義中に説明していただき,アドバイスしてきました.
    そして,「システムの一部であっても構わないので完成させる」ことをめざして実習に取り組んできました.

    そこで,最終レポートでは,これら一連の課題解決のための作業を,以下の内容でまとめて,各自が何を,どのように考え,解決できたかを説明してください.

    1.DFDによるシステム分析(すでに作成済み)
    2.構造化によるシステム設計(すでに作成済み)
    3.実際に開発したWebシステムの説明.
    @システムの機能説明,
    A入力画面と入力データのイメージ,
    B処理プログラム,
    C出力結果のイメージ,
    4.何を,どのように解決し,その結果,どのような利便性が得られたかなどを考察する.さらに,今後の課題として,どのような機能拡張をすべきかに言及する.また,工夫したこと,困ったこと,それをどのように克服したかなもを書いてください.
    ■成績評価について
    この最終レポートは必須条件となります.これに出席,講義中の質問に対するボーナス点を加えて単位認定します.

    講評
    本年度は課題解決型講義にしました.その結果,最終章まで参加した人は約1/3となりました.しかし,この判断は良かったと思っています.つまり,例年のようにプリントをみて,そのプログラムやデータベースを同じように演習してみてもエラーが出ると"give up"という状況がありました.わかったつもりになっていたということでしょう.
    しかし,課題解決型では、自分で課題を設定していますので,最後までやろうというモチベーションが維持できた人は,講義に真摯に向かい合うことにつながりました.最終人数は減りましたが,実質的に理解した人数は、本年度の方が確実に多いと言えます.

    ある方のレポートに記された感想を参考までに掲載します.
    今回初めてこのようなWebシステムを製作したが、実際にプログラムを書いてみても実行結果はエラーばかりでなかなか前に進まず非常に苦労した。しかし、先生からの配布pdf資料やインターネットでいろいろと検索して、最終的にある程度は形になったことについては達成感があり、非常に満足できた。分からないことでも粘り強く取り組むことで大なり小なり結果が伴ってくることの達成感と喜びを感じ取れたので有意義な課題取組ができたように思う。

  41. [課題]基礎演習(水曜2限)の課題(2013年12月18日記入)

    ■課題内容:回帰分析のまとめとして,配付資料「エクセルでできるデータマイニング」ページ101にある事例3のデータを回帰分析して,


    1. 人気度の要因

    2. リピート率の要因


    を考察する.
    分析結果の表示だけでなく,必ず考察(テキストボックス使用)を書くこと.

    ■提出方法:文箱にエクセル形式でアップする.
    ■来年最初の講義で結果と考察を発表してもらいます.

  42. [課題]データベースシステムT「課題4」(2013年7月18日記入)

    ■課題内容
    講義資料第3章の「SQL実行システムによる実習
    (1)と(2)」を実行して、以下のことからデータベース操作について理解を深めて下さい.


    1. 各問ごとに実施したSELECT文とその実行結果を提示すること.

    2. SELECT文の実行によって理解したこと記述すること.

    3. 各問以外にも,各自の問題意識に基づいて問い合わせ(SELECT文)を考えてみること.

    ■提出要領
    ワード文書にまとめて「文箱」に提出して下さい
    ■提出期限
    7月31日(水)

  43. [課題]データベースシステム1「総合課題」(2013年7月18日記入)

    ■課題内容
    講義資料第3章の「データベースシステムI−総合課題」

    記述されているように,自分の身のまわりで情報化すると便利だなと思う問題を発見して,データベースの設計,活用を議論してください.
    ■提出期限
    8月7日(水)
    ただし,情報処理センター演習室は8月2日までしか利用できませんので,図書館2階のコンピュータ環境を利用して下さい.

  44. [其他]知性・感性・イノベーション(2013年7月9日記入)

    ■あなたが選ぶ日本のイノベーション
     発明協会が2014年の創立110周年を記念し「戦後日本のイノベーション100選」の選定を行っている。
     東京理科大学大学院教授の田中芳夫先生に「君たちなら何を選ぶ?」と聞かれた。
     K氏は「とりあえず、ソニーのウォークマンですかねえ」と答える。音楽を聴くスタイルを一変させ、和製英語の商品名を世界にとどろかせた功績を考えれば異論はない。80年代に青春時代を過ごした人たちなら、真っ先に思い浮かべる商品だろう。
     当の田中先生は「『宅急便』が日本における戦後最大のイノベーションだと思う」とのこと。緻密な物流の裏側は高度なITシステムが支えているが、一番の評価ポイントは日本人の生活に与えた計り知れないインパクトだ。幼い頃、親戚から送られてきたリンゴやミカンの小包を父と一緒に最寄駅まで受け取りに行ったことを思い
    出す。いつしか荷物の受け取り場所は自宅の玄関になった。
     「宅急便……そういうことなら」と私が挙げたのは「コンビニエンスストア」。その原型は米国発とも言われるが、日本で独自の進化を遂げ、公共料金の支払いからチケット購入、預金や現金の引き出しまで24時間可能にした実に頼りになる店だ。さらに「『カップヌードル』とか『ボンカレー』も……」と話は“一人暮らしの友”へとそれていく。思えば親元を離れて東京で暮らし始めた頃、未熟な自分には毎日が“イノベーション”のようなものだった……意味が違うか。
     みなさんなら何を選びますか?
    日経ビジネスオンラインより(一部改変)

  45. [課題]データベースシステム1:レポート3(2013年5月28日記入)

    ■課題内容:第2章データベースの設計講義資料12ページ下段の実習結果を提示しなさい.そして,ムダ,不都合を解決するための一連の作業のまとめなさい.
    ■提出期限:6月11日(火)
    ■ファイル名:レポート3

  46. [課題]DBST:課題2(2013年4月30日記入)

    ■「同じことをAccessでやってみよう」の問に対して,SELECT文と検索結果を示して,各自の考察をまとめる.データ分析だけでなくACCESSの操作に関しても考えなさい。
    ■提出期限:5月14日(火)
    ■提出要領:「文箱」へ「大学メールアドレス+レポート2」というファイル名でワード文書で投稿する..
    なお,正しく投稿できたかどうかを,データサイズで確認すること.

  47. [課題]DBST:課題1(2013年4月23日記入)

    ■「エクセルで次のデータ分析ができますか?」の問に対して,データ分析を行い,その結果を表示して,各自の考察をまとめる.
    ■提出期限:5月9日(木)
    ■提出要領:「文箱」へ「大学メールアドレス+レポート1」というファイル名で投稿する.ワード,エクセルどちらでも良い.
    なお,正しく投稿できたかどうかを,データサイズが0KBでないかで確認すること.

  48. [其他]2013年度のデータベースシステムについて(2013年4月16日記入)

    役に立つう「データベース」を目指して、新しい指導法を試みようと思っています。
    そのため、講義資料の公開が遅れますことお許しください。

  49. [課題]データベースUの最終課題について(2013年2月3日記入)

    ■課題内容:文書管理にある「第5章Web情報システム」から、次の課題を解いて下さい。
    1.P.183の演習問題1,2,3
    なお、演習問題1については、すでに提出していただいていますが、本レポートに含めて下さい。
    ※創意工夫とオリジナリティを高く評価します。

    ■提出期限:2月12日(火)

    ■注意:最終課題として、これまでに提出された課題とあわせて最終評価を行います。

  50. [課題]基礎演習の最終課題について(2013年2月3日記入)

    ■課題内容:文書管理にある「情報学への招待(アンケート調査編)」から次の二つの課題を解いてレポートにして下さい。
    1.P.41のレポート@、Aの問題
    2.P.44の3.練習問題

    ■提出期限:2月12日(火)
    ■注意:最終課題として、これまでの課題とあわせて最終評価を行います。

  51. [課題]データベース課題3(2013年1月22日記入)

    ■課題内容:講義資料 第5章 P.168のページ下段の演習を含めて、5-6.htmlを完成させる。
    ■提出期限:1月24日(木)

  52. [課題]データベースシステム2「課題2」(2012年12月11日記入)

    ■課題内容:「第4章Webプログラミング」P.74の演習問題を完成させる。
    ■課題提出ファイル名:「課題2」
    ■提出期限:平成25年1月8日(火)
    ■注意:類似のレポートと判断した場合は不可とする。プログラム、考察などにおいてオリジナリティを求める。
    授業で説明したように評価の重要な対象となる。

  53. [課題]基礎演習 課題1(2012年11月7日記入)

    ■課題内容
    配布資料P.76-77の演習問題
    ■課題名
    基礎演習2章.xls
    ■考察事項
    相関の判定
    回帰式の説明力の判断
    分析から読み取れたこと(分析結果)
    分析から得た知識の応用
    ■提出期限
    11月21日(水)

  54. [課題]データベースシステム2「課題1」(2012年11月6日記入)

    ■課題内容
    1.九九の計算プログラムを作成しなさい。
    2.そろり半兵衛の褒美を計算するプログラムを作成しなさい。
    ■課題名
    第4章−1
    ■提出期限
    11月20日(火)

  55. [課題]データベースシステムT−課題3(2012年7月17日記入)

    ■課題内容:講義資料第3章のBMI07.HTMLを完成させる。
    ■提出要領:HTMLファイル形式で提出する。または、プログラムと実行結果画面イメージをまとめてワード形式で提出する。
    ■ファイル名:BMI
    ■提出期限:7月27日(金)

  56. [課題]情報学への招待−課題5(2012年7月11日記入)

    【注意】課題5を追加修正(朱書き箇所)しました。
    ■課題内容:
    1.アンケートデータ集計@からFとレポートである貯蓄高ランク別・男女の分布、貯蓄高ランク別・生活満足度の分布、そして15名の貯蓄ランキングを求めなさい。
    2.次に、クロス集計Eから「男女間に生活満足度の差がある」と言えるか。また、クロス集計Fの平均貯蓄高から「男女間に生活満足度の差がある」と言えるか考察しなさい。
    3.独立性の検定によってEを考察して下さい。
    4.講義資料45ページの練習問題を考察してください。
    ■課題名:アンケート分析
    ■提出期限:7月27日(金)

  57. [課題]情報学への招待:課題4(2012年6月20日記入)

    ■課題内容:講義資料「回帰分析編」27ページに示されたレポート内容に基づいて、オリジナリティあふれる回帰分析によるデータ分析を行うこと。
    ■課題名:「回帰分析」
    ■提出期限:7月3日(火)
    ■Q&A

  58. [課題]データベースシステムT-課題2(2012年6月6日記入)

    ■課題内容:講義資料「第1章DB入門4」の26ページの問1から問3について考察し、並行処理制御の目的とその制御方式の一つである二相施錠方式について理解する。
    ■提出要領:ワードでレポートを作成して、ワードファイルで提出すること。なお、ファイル名は並行処理制御とし、命名ルールに従うこと。
    ■提出期限:6月16日(土)

  59. [課題]データベースシステムT−課題1(2012年5月29日記入)

    ■課題内容:SELECTコマンドの基礎と応用課題(第1章データベース入門3 8〜9ページ)を実行し、検索結果に基づいてSELECTコマンドの理解を深める。
    ■提出要領:ワードでレポートを作成して、ワードファイルで提出すること。なお、ファイル名は「SELECT課題」とし、命名ルールに従うこと。
    ■提出期限:6月9日(土)

  60. [課題]情報学への招待ー課題3(2012年5月23日記入)

    ■課題名:ダイエット計画
    ■課題内容:配布資料「What-if分析編」17ページの「ダイエット計画」を完成し、自分の健康状態を知る。さらに、19ページのシナリオとゴールシークを行い、健康管理について考察する。なお、提出データはダミーでよい。ただし、考察は各自のデータに基づいて行うこと。
    ■提出要領:エクセルファイルで提出する。
    ■提出期限:6月1日(金)

  61. [課題]情報学への招待:課題2(2012年5月3日記入)

    ■課題名:関数の応用
    ■課題内容:「文箱」にある情報学への招待(売上データ).XLSXから、商品別の売上個数と売上金額の合計を"SUMIF関数"を用いて求めること。
    (注意)
    @関数の条件には、商品名のセルデータを用いること。
    A絶対番地を使用すること。
    Bこのエクセルファイルをレポート提出規則の名前にしたがって変更して提出すること。
    ■提出期限:5月23日(水)
    ■お詫び:講義で、売上個数をCOUNTIF関数で求めると説明しましたが間違いです。SUMIF関数を用います。

  62. [課題]情報学への招待:課題1(2012年5月2日記入)

    ■課題名:気温と水温
    ■課題内容:情報学への招待(基礎編)11ページの下段にあるレポート。
    ■提出期限:5月9日(水)
    ■注意:必ず考察を行うこと。

  63. [其他]情報学への招待-再々教室変更(2012年4月17日記入)

    ■4月25日より情報処理センター第5演習室に変更して頂きました.
    スクリーンが見やすくなります.

  64. [其他]情報学への招待・教室変更(2012年4月11日記入)

    講義名:情報学への招待
    教室:情報処理センター、第1演習室
    講義時間:10時半ー12時

  65. [課題]データベースU最終課題(2012年1月19日記入)

    ■課題内容:第5章 5-6.html,5-6.asp,5-7.asp,5-9.aspを完成させること。さらに演習問題1から4を実現すること.
     ゴールドプライズの獲得権あり,

     相談して演習問題を考えることはかまいませんが,レポートには各自の考察を記述すること.さらに,習得知識を応用して,独自性があるものは,それが「ささやかな」ものであっても高く評価する.なお,類似が認められる(疑われる)レポートはすべて評価の対象としない.

    ■提出期限:2月15日(水)

    ■ファイル名:最終課題

  66. [課題]データベースU課題(2012年1月18日記入)

    ■課題内容:第4章P.74「VBScriptの演習」を完成する.
     ブロンズプライズ:問1,問2で獲得権あり(出席も考慮).
     シルバープライズ:問1,問2,問3で獲得権あり(出席も考慮).
    ■提出期限:2月1日(水).
    ■ファイ名:******VBScript

     

  67. [課題]For Nextの課題(2011年11月30日記入)

    ■課題名:For_Next
    ■課題
    @S=1+2+3+...+100の結果を求めるプログラム
    A曽呂利新左衛門の褒美の例で、30日間分を求めるプログラム
    B九九表を求めるプログラム
    ■提出期限:12月7日

  68. [其他]JavaScriptのエラーについて(2011年11月10日記入)

    ■09937bmi07.htmlの場合
    (誤)
    //判定結果を出力フォームに返す
    hikisu.bmi.value = v_bmi;
    hikisu.advice.value = v_msg;

    (正)
    //判定結果を出力フォームに返す
    hikisu.bmi.value = v_bmi;
    hikisu.advice.value = v_msg;
    }

    ※functionの終わりを示す"}"が欠落していました。

    ■09845bmi07.htmの場合
    document.write()をすべて削除すれば動きました。
    確たる原因は不明。

  69. [課題]データベースU課題-1(昼・夜間主)(2011年11月2日記入)

    ■JavaScriptによるBMIの計算
     テキストP.51,52のプログラムを完成し,以下のことをレポートに記しなさい.


    1. プログラムリストの提示

    2. テーブルの背景色の設定,センタリングを行う

    3. 実行画面のスクリーンショットの提示

    4. 自分のBMIから健康管理についての考察


    ※考察には保健管理センターの資料を参考にすること.また,保健管理センターの資料のようなBMIの区分分けに変更した場合は加点する.
    ■提出期限:11月16日(水)

  70. [予定]データベースシステムUについて(2011年10月3日記入)

    ■2011年度データベースシステムUについて
     文書管理にある「第3章、4章、5章」のプリントを用いて、Web情報システムの構築技法を習得します。

    ■主な習得できる知識とスキル


    1. HTML(Hyper Text Markup Language)によるWeb画面の設計

    2. JAVA ScriptとVisual Basic ScriptによるWebプログラミング

    3. WenプログラミングとデータベースプログラミングによるWeb情報システムの構築



    ■評価方法
    レポート、出席、小テストによる総合評価。定期試験は行わない。

  71. [課題]データベースシステム課題について(2011年7月20日記入)

    ■20日(水)の昼間主の講義が台風のため休講となりましたので,本日締め切りの課題の締め切りを明後日(金曜日)まで延長します(夜間主も同様とします.ただし,本日の講義はあります).
    お問い合わせ頂いた学生も数名おられましたが、ご安心下さい.
    ■データベースシステム最終課題について
    第二章で構築したデータベースファイルを提出すること.
    ★ファイル名:メールアドレス+販売管理.accdb
    ★提出期限:8月9日(火)

  72. [課題]データベース1-課題(昼間主・夜間主)(2011年7月13日記入)

    ■課題内容
    「第2章データベースの実際Rev_2.pdf」48ページの”SQLによるデータベースの定義文”を完成させる。また、データ型を選択した理由やキー属性となる理由を書きなさい。
    ■課題名
    テーブルの定義
    ■締め切り
    7月20日(水)

  73. [課題]データベースT課題(昼間主)(2011年6月6日記入)

    ■課題名:SQL基本と応用
    ■課題内容:第1章DB概論-A.pdf、20,21ページの受講、講義テーブルを作成して、SQL文の基本と応用問題を実行する。
    SQLコマンドとその結果をワードに書いて、わかったことなどをコメントする。
    ■締め切り:6月15日(水)


  74. [課題]データベース1課題(昼間主)(2011年5月25日記入)

    ■課題名:並行制御
    ■課題内容:第1章DB概論-B.pdf、5ページ目の問1.問2、問3に答える。
    ■締め切り:6月1日(水)

  75. [課題]データベース1課題(夜間主)(2011年5月25日記入)

    ■課題名:SQL基本と応用
    ■課題内容:第1章DB概論-A.pdf、20,21ページの受講、講義テーブルを作成して、SQL文の基本と応用問題を実行する。
    SQLコマンドとその結果をワードに書いて、わかったことなどをコメントする。
    ■締め切り:6月8日(水)

  76. [課題]2011年度データベース1課題(昼間主・夜間主)(2011年5月17日記入)

    ■課題内容:第1章DB概論A.pdfの10ページから16ページを復習して,以下の課題をワード文書にまとめて「文箱」へ投稿する.


    1. 自然結合について説明する.

    2. SQLとSELECT命令について説明する.

    3. 17ページから19ページまでの各例題を実行して,それぞれの例題から理解したことをまとめる.なお,実行結果のウィンドウ画面を表示すること.
      なお,例題とは上段のスライド部分のSQL文を実行して,その結果について確認すること,および下段のノート部分の【問】に答えることを意味します.ただしP.13とP.16の各問は答えなくて結構です.後日,資料を修正します.ご指摘下された受講者に感謝します!

    4. アクティブ・ウィンドウは"ALT(alter)+PrtScn(print screen)"キーを同時に押すことでクリップボードにコピーされるので,ワード文書上でペースト(貼り付け)すればよい.


    ■提出期限:5月25日(水)
    ■提出文書名:メールアドレスアカウント+課題1.doc(x)


  77. [其他]データベースシステムT(2011年4月13日記入)

    2011年度の講義お知らせ。
    ★本年度は水曜日に開講します。
     昼間主は3限目(12時50分から)
     夜間主は7限目(19時20分から)
    ★教室
     情報処理センター「第5演習室」
    ★テキストはこのWebページ「文箱」にて提供します。
    ★ペーパでの提供はありませんので、各自必要個所を印刷して下さい。
    【注意】


    1. 講義は皆さんの授業料で行われています。

    2. 授業料分を取り返すべく、しっかり勉強してください。

    3. わからないことは気軽に質問して下さい。

    4. ネットサーフィンなど無為なことはしないように。

  78. [課題]データベースシステムU最終課題(2011年1月27日記入)

    ■課題名:Webプログラミング
    ■課題内容
    (1)第5章169ページから173ページの5-6.aspと5-7.aspを作成して「商品注文入力」と「商品注文確認」プログラムを完成させること。
    それぞれのページの【演習】を実現すること。
     実行例:http://taniac.shiga-u.jp/db/5-6.asp
     会員番号の例:25100
    (2)第5章175ページから176ページの5-9.aspを作成して「注文商品のデータベース登録システム」を完成させること。
     5-7.aspが完成すれば、5-9.aspでデータベースに注文登録をおこないます。
     その前に、5-8.aspでデータベースへのデータ追加を理解して下さい。
     通常、データベース「販売管理.accdb」はセキュリティにより、インターネットユーザからの更新(書き込み、変更など)できないようになっています。そこで、195ページから196ページを参考にして、更新できるようにしてください。
    (3)一連の操作と処理が分かるように、表示画面、重要となるプログラム(箇所)の説明、正しく注文データが入力されたことを示すデータベースの画面などをワード(Microsoft Word)で提示して、それぞれを解説する。
    ■提出期限
    4回生(卒業予定者)→2月10日(木)厳守!
    3回生以下→2月18日(金)
    ■その他
    質問があるときは、プログラムソースコードとエラー内容をメールで送ること。
    taniac@biwako.shiga-u.ac.jp

  79. [課題]データベースシステムUVBScriptの課題訂正(2011年1月18日記入)

    ※内容区分が「休講」となっていましたので、「課題」に訂正して、再度提示します。
    ■課題名:VBScriptの演習

    ■課題内容:第4章74ページ参照のこと

    ■提出期限:2月1日(火)

  80. [課題]データベースシステムII課題3(2010年12月7日記入)

    ■内容:第4章の最終ページの「PADの演習」
    ■期限:12月22日(水)

  81. [課題]データベースシステムIIのこれまでの課題(2010年12月7日記入)

    1.ASPによるBMI計算プログラム(締め切り済み)
    2.ASPによる九九計算表の作成(12月7日締め切り)
    以上

  82. [課題]データベース並行処理制御課題(2010年7月26日記入)

    ■課題内容:第1章14ページの問1,2,3に答える。
     この課題は施錠方式並びに二相施錠方式に関する課題です。時刻印方式に関する設問ではありませんので注意してください。
    ■提出期限:8月6日(金)
    ■提出方法:文箱へ「ファイル名=メールアカウント+並行制御.doc(x)」

  83. [課題]データベース1課題2(2010年7月8日記入)

    課題名:Web情報処理における画面設計
    課題内容:配布資料のBMI07.htmlを完成させ、HTMLと入力画面、出力画面のスクリーンショット。HTML、JavaScriptで気づいたことや苦労したことなどを考察としてワード文書として記述すること。
    提出期限:7月20日(火)
    提出場所:taniac.biwako.shiga-u.ac.jpの文箱
    提出ファイル名:メールアカウント+Java.doc

  84. [課題]データベースシステム1の課題資料について(2010年6月25日記入)

    6月29日締め切りの標記の課題について、旧資料を改定し、新資料を文箱にアップしましたので、お知らせします。

    不都合な点があった場合は、改善に役立てますので、お知らせください。

  85. [課題]データベースシステム1課題1(2010年6月15日記入)

    第2章データベースの実際に関する課題
    ■課題内容


    1. 商品フォームを改良して、商品の在庫と適正在庫が表示されるようにしなさい。→商品管理クエリを作成

    2. 受注クエリフォームを改良して、P.26のCのように受注小計、消費税、受注合計が表示されるようにしなさい。→「文箱」の第2章受注クエリフォーム課題.pdfを参照のこと。

    ■提出期限
    6月29日(火)
    ■提出場所
    当Webページ「文箱」
    ファイル名の付け方に注意。"大学メールアカウント+受注管理.accdb"

  86. [其他]さていよいよ新年度(2010年4月13日記入)

    ■火曜日3限(大学院):情報処理特殊講義は、マーケッティングデータの解析技法を理論とコンピュータ演習を通じて理解します.
    参考文献:「マーケッティング・データ解析」木島 正明、中川 慶一郎、生田目 崇、 佐川 昌弘、朝倉書店

    ■火曜日5限(学部):データベースシステムはわかりやすく、実習を多く取り入れて、展開します。
    参考資料:「文箱」からPDFファイルで提供。
    注意:毎回、ネットで出席を取ります。

  87. [課題]情報学への招待(その4)(2010年1月25日記入)

    情報学への招待は、以下の3点に基づいて評価します。
    1.出席回数。
    2.4つのレポート課題。
    3.授業中の質問に対する回答状況。

    ■4回目の課題:教科書127ページの節末問題

    これまでの課題
    ■1回目:中国式算盤の解説
    ■2回目:クラウドコンピューティングについて
    ■3回目:教科書117ページの節末問題


    ■提出期限:2月12日(金)
    ※特に卒業予定者は注意!!

  88. [課題]データベースシステム2「ポイントアップ課題」(2010年1月19日記入)

    ■【基本問題】第5章Web情報システム.pdfのP.168からP.176にある5-6.html,5-6.aspから5-9.aspを完成させてP.183の演習問題1から3までを実現させなさい。

    ■【応用問題】演習問題4から7にチャレンジする。

    注意
    PDFファイルのコピー&ペーストでは以下のような問題が確認できています。この点をプログラムの編集の際に訂正してください。このエラーによって、全く別の行がエラーと表示されます。

    1.コメント記号の’(アポストロフィ)が全角
    2.次のステートメントにおいて半角空白が抜け落ちている.
     タグやコマンドは半角空白でセパレートしないといけません.空白が必要な箇所に◆を記す
     @DB.Open◆Server.MapPath("販売管理.accdb")
     ASELECT◆商品番号,商品名,種別,単価,特徴,写真名◆FROM◇商品◆Order By◆商品番号
     BFORM◆Action=
     CSELECT◆Name
    ※他にもあるものと思います。入念に確認してください。

    5-9.aspにおいてテーブル「受注、受注明細」にレコードを追加する際エラーが出ると思います。原因はACCESSファイルのプロパティがインターネットユーザに対して更新を拒否しているためです。第5章のP.174に補足説明を付記しましたので、参考にしてください。

    ■提出期限:2月12日(金)
    ※特に卒業予定者は注意!!

  89. [其他]カモンちゃんに年賀状が届きました!(2010年1月5日記入)

    今年,「カモンちゃん」あてに年賀状が6通もきました.
    この世の中,皆さんに可愛がられて,私たちが癒されます.
    ありがとうございました.

  90. [課題]情報学への招待「クラウドコンピュータ」(2009年12月21日記入)

    ■課題名:クラウドコンピューティング
    ■課題内容:
    1.クラウドコンピューティングの基礎知識を,経済経営研究所に開架されている日経コンピュータや,インターネットを参考にしてまとめる.
    2.そのうえで,メリット,デメリットを考察する.
    3.そして,本方式の将来展望を論述せよ.
    ■提出期限:2010年1月13日(水)
    ■提出要領:ワード文書にてhttp://taniac.biwako.shiga-u.ac.jp/の「文箱」に投函すること.

  91. [課題]データベース2課題「プログラミング」(2009年12月21日記入)

    ■課題名「プログラミング」
    ■内容:第4章73ページの演習問題1から3.74ページのPADの演習.PADの演習は75,76ページの解答例の空白部分を埋めて完成しなさい.
    ■提出期限:2010年1月12日(火)

  92. [課題]Webプログラミングの演習(データベース)(2009年12月8日記入)

    ■課題名:プログラム演習
    ■内容:73ページの【1】、【2】、【3】のプログラム要件を完成させる。
    ただし、
    (1)4-4.html,4-4.aspはBMI09.html,BMI09.aspに変更する。
    (2)【2】の入力画面には「氏名」と「生年月日」を入力するフォームに変更する。
    (3)プログラムで時間に応じたあいさつ文、氏名、誕生日を表示するとともに、年齢を計算して表示する。
    ■「データベースシステム2」の単位取得の必須条件とする。
    ■【3】の創意工夫のあるプログラムは加点対象とする。
    ■提出期限:12月22日(火)

  93. [課題]ASPプログラム「九九の計算」(2009年11月24日記入)

    ■課題名「九九の計算」
    ■課題内容
    1.PADによるプログラム手順の作成
    1.反復構造(For Next文)による九九の計算
    2.TABLEタグによる九九の結果の整列
    ■作成要領
    1.PADの提示
    2.プログラムの提示(エディタ画面イメージが良い)
    3.実行結果(画面イメージが良い)
    4.考察など
    ■画面切り取りフリープログラム
    1.配信先:http://www.vector.co.jp/
    2.検索方法:キーワード「winshot」で検索
    3.セットアップ:ws153a.lzh をダウンロードして解凍する.
    4.winshot.exeを実行
    5.Shift+Ctrl+F5でアクティブウィンドウをコピー
    6.Ctrl+Alt+F5で切り取り
    7.ワードに貼り付け.完了

  94. [休講]情報学への招待(2009年11月12日記入)

    ■休講日:11月18日(水)2時限目
    ※急な予定が入りましたので休講とさせていただきます.SUCESSにも登録しました.

  95. [其他]情報学への招待投稿時間の変更(2009年11月12日記入)

    ■午後3時までに変更しました.

  96. [其他]本日の情報学の招待の出席登録時間について(2009年10月14日記入)

    パソコンから本日の質問に対して回答できる時間限度「午後5時半」としました.
    ただいま原因を調査しています.ご理解のほどよろしくお願いします.

  97. [其他]データベースシステムU受講者へ(2009年10月8日記入)

    後期から「データベースシステムU」を受講される方は,ACCESSによるデータベースの作成,HTMLによる入出力画面の設計の知識と実習が必要です.ここまでは独力でマスターしてください.

  98. [其他]授業サポートシステム(2009年10月8日記入)

    ■後期から「データベースシステム」と「情報学への招待」を担当します.
    ■情報学の招待も,私のシステムへの登録制として,出席,意見交換に活用します.
    ■ご協力ください.なお,情報学への招待では普通講義室を使いますので,携帯電話を使用します.ただし,講義に集中していないと,突然コンピュータがあなたを「指名」しますので,心してください.

  99. [課題]第2章データベースの課題(2009年7月2日記入)

    ■課題内容:第2章で作成したデータベースファイルを提出する.
    ■期限:7月10日(金)
    お詫び:「第3章データベースの課題」と表示しておりました.第2章の誤りでした.お詫びいたします.

  100. [其他]並行制御のレポートの解答例について(2009年6月9日記入)

    本日,解説しました第1回レポート「並行制御」のスライドを文箱にアップしました.

  101. [課題]第1回並行制御の課題(2009年5月19日記入)

    ■課題内容:P.14の問1,問2,問3について答えをまとめなさい.
    ■ファイル名:メールアカウント+並行制御
    ■提出期限:5月26日(火)
    ■提出場所:必ず「文箱」へ.メール添付不可.

  102. [其他]授業サポートシステムのデバッグ(2009年5月13日記入)

    授業サポートシステムにおいて,質問,解答,コメント欄で改行すると,正しくデータが送信されないというバグがありました.
    本日,これを解決しました.
    あわせて,ご指摘いただいた「区分」もデフォルトにならないように訂正しました.

  103. [其他]授業サポートシステムを作ってみました(2009年5月7日記入)

    非常に簡易な「授業サポートシステム」をデータベースシステムの講義内容の範囲で作ってみました.
    1.授業登録(どの科目でもOK)
    2.質問,解答,コメント入力(出席の代わりです(~v~)
    3.質問,解答,コメント参照(みんなで授業理解度を共有)

  104. [其他]質問・コメント受付(2009年4月28日記入)

    授業中に質問やコメント,さらには先生から出された問題に回答するプログラムを作りました.
    質問・コメント・回答入力

  105. [其他]データベース仮登録(2009年4月21日記入)

    <お願い>
    正式な受講者名簿の配布は5月初旬となります.
    それまで,受講者の人数,氏名等を把握したいと思いますので,次の仮登録をクリックして,登録をお願いします.
    なお,「仮登録」ですから,受講申請を強制するものではありません.
    仮登録

  106. [予定]今年のデータベースはちと違う!(2009年4月14日記入)

    ■カリキュラムの構成を変えました.
    第0章ガイダンス.pdfに掲載しましたが,これまでのオーソドックスなカリキュラムから,楽しみながら理解するカリキュラムにしてみます.
    ■シラバスで告知したカリキュラムとは異なりますので,注意してください.
    ■きっと,満足するはず.
    がんばろう! やはりIT系は内定が早かった.

  107. [課題]データベースシステム「Webプログラム演習」(2009年1月20日記入)

    最後の課題です.
    ■課題名:Webプログラム演習
    ■提出期限:2月15日(木)
    ■プログラム作成上の注意!
    受取った誕生日の年(nen),月(gatu),日(niti)のデータは文字列であるのでCdate関数で日付型に変換する必要があります.
    不正解
    IF (GATU < Month(Now) Then
     Response.Write nenrei & “才です“
    End If
    正解
    IF (Cdate(GATU) < Month(Now) Then
     Response.Write nenrei & “才です“
    End If

  108. [其他]データベース講義での誤りについて(2009年1月6日記入)

    6日のデータベースシステム講義中のプログラムで,テーブルの幅が指定できなかった件について説明します.
    ■誤り
    For i=1 to 9
    Response.Write "< TH width=5 align=center >" & i & "</TH>"
    Next
    ■正解
    For i=1 to 9
    Response.Write "< TH width=50 align=center >" & i & "</TH>"
    Next

    <補足説明>
    Widthで指定する数値はピクセル(pixel)値でした.文字数と勘違いしていました.従って,列幅を50ピクセルにすれば,かなりの余裕をもって表示できます.


  109. [課題]データベースシステム2(2008年12月17日記入)

    ■課題:Webプログラミングにより「九九の計算」を作成する.TABLEタグを使って整形すること.
    ■要領等:ワード文書として,ソースコードと表示結果の画面イメージ(画像)を載せること.さらに,理解したこと,問題点などの考察を記述すること.
    ■ファイル名:九九の計算.doc
    ■提出期限:12月27日

  110. [其他]IT業界を目指すあなたへ(2008年11月5日記入)

    日経BPの調査が「IT業界」を目指すあなたを勇気づけるかもしれない.
    そんな報告をご紹介します.

    ▼3300人大調査――ITの仕事に携わって「良かった!」

  111. [課題]4日のレポートについて(2008年11月4日記入)

    SELECT文のレポート課題を掲載します.

    1.会員テーブルの会員データをすべて表示する
     @会員番号、会員名、住所を表示する←射影
     A上の仮想テーブルから住所が滋賀の会員を選択する←選択
    2.商品デーブルと在庫テーブルをJOINする
    3.会員テーブルと受注テーブルをJOINする
     @上の仮想テーブルに受注明細テーブルをJOINする
     A上の仮想テーブルに商品テーブルをJOINする

  112. [其他]2回生への谷口ゼミ補足(2008年11月4日記入)

    現在配布されている「専門演習T」のシラバスにおいて,谷口担当の内容が昨年のままであるため補足します.

    ここをクリックしてください.

  113. [予定]10月28日のデータベース(2008年10月28日記入)

    ■第3章データベースの設計を講義すると申し上げましたが,訂正します.
    ■今回作成したデータベースを使って,SELECT文の徹底マスターを図りたいと思います.

  114. [其他]ゼミ活動のメディア報道(2008年10月8日記入)

    谷口ゼミでは,現在2つの地域貢献プロジェクトに取り組んでいます.

    1.彦根市民創造事業「知り隊!教え隊!井伊直弼」.

    「かもんチャン」というマスコットをシンボルにして,井伊直弼について語るブログ,商品開発・販売支援,着ぐるみによるPR活動を行っています.
    10月25日(土),26日(日)の「ゆるキャラまつり」では,25日10時にステージに登場します.そのあと,4番町街なかプラザ前で30分おきに登場します.



    2.幻の小泉紅かぶら再生プロジェクト

    小泉紅かぶらは,井伊家によって「小泉カブ」として生産振興を許されたものですが,江戸末期に途絶えてしまいました.たまたま,その種が県立農業試験場に保存されていたため,「井伊直弼と開国150年祭」を機に,地域ブランド化を目指して再生しようとするものです.

    最も重要な,デザイン,マーケッティングを担当しています.


    これまでに,NHK「おうみ発610特集」,読売特版,朝日,読売,毎日,中日,京都,BBC,滋賀彦根,関西1週間などのメディアで報道されました.これからも行動計画目白押しです.

  115. [其他]教科書購入の件で(2008年10月8日記入)

    生協に「情報と職業」で使用する教科書「最新情報A」が入荷しましたので,購入してください.
    定価1000円です.

  116. [課題]データベースシステム1課題一覧(2008年7月7日記入)

    ■1回目:ファイルシステム
    問1.レコードの変更(データ構造の変更)とは?
    問2.データのサイズと型は合わせる必要がある。なぜ?
    ■2回目並行制御
    問1.まず年齢で絞り込み、次に部署で絞り込む場合との相違を考えなさい。
    問2.Mr.Aさんが預け入れをした場合、銀行側はどうなるか。
    問3.図(第1章9ページ)の処理のどこに問題があるか、並行処理制御はどのようにすればよいか。
    問4.座席予約システムではどのような事態を引き起こすか。
    ■3回目二相施錠
    問1.第1章13ページ
    問2.第1章13ページ
    ■4回目SCM-ERP
    問1.SCMについて説明しなさい。
    問2.ERPについて説明しなさい。
    ■5回目集合と演算
    問1.第2章24ページの問:学生集合と職員集合の差演算
    問2.職員集合と学生集合の差演算。
    問3.直積演算で生じる不都合と解決方法について
    ■6回目自然結合
    問1.自然結合について説明し、P.26を式で表しなさい。
    問2.SELECT 名前,性別,所在地 FROM 学生,学部
     WHERE 学生.学部=‘工学’とすると結果はどうなるか説明しなさい。。
    問3.Select From Where で自然結合を表しなさい。
    ■7回目集合総合演習
    第2章31ページから33ページの演習。
    ■8回目整合性
    問1.講義テーブルの整合性制約を考えてみよう。
    問2.先生テーブルと講義テーブルを分ける理由は?
    ■9回目スキーマ
    問1.38ページの「成績」テーブルにおいて、2年目以降に実体整合性(キー制約)を維持するために必要となるデータの列は何か?
    問2.数値型についてまとめよ。
    ■10回目SELECT-1
    41ページの問1、問2.

  117. [其他]SIFE2008国内大会の結果(2008年6月30日記入)

    ■6月27日(金)、SIFE2008国内大会が東京有楽町朝日ホールで開催されました。
    今年は、SIFEJapanが参加校の増加を目指して関西方面を開拓したこともあり、広島修道大、大阪芸術大、大阪商業大、京都大(他大学連携)が加わり、総勢12大学の参加になりました。
    予選は4リーグ(各リーグ3大学)、英語によるプレゼンテーションをおこない競いました。
    ■滋賀大は第1リーグで、東大、広島修道大と当たりました。東大からは「滋賀大とか、まいったな」、滋賀大からは「東大か、激戦区になったな」と、お互い意識しあって臨みました。
    ■さて、予選は各ジャッジの6つのクライテリア(各20点)の順位付けで決まります。
    ランチタイム終了後、結果が発表されました。滋賀大、予選突破!
    他のリーグからは、京都大学、大阪商業大学、大阪芸術大学となり、オール関西。
    これまでの常連校、一橋大、慶応大、早稲田大は予選敗退です。
    ■午後2時20分から決戦。くじの結果、滋賀大、大阪商業大、京都大、大阪芸術大の順にプレゼンテーションすることになりました。
    滋賀大は、予選より若干力が入り、「かみ」ましたが、上々の出来。心配された質疑応答もプロジェクトをよく理解した、ジャッジを説得する応答ができました。
    最後の大阪芸大。予選を見られた作曲家で真鍋先生と親交の厚い二宮玲子様より「滋賀大と大阪芸大が良かった」との評価から、ライバルとにらんでいました。
    女子学生がみんなポニーテール。何かありそうな予感。そして、プレゼン開始。芸術系の割に(と言っては失礼ですが)論理的なプレゼンテーションにまず感心。パワーポイントも洗練されている。「It's show time.」でBGMを効果的に流し、エコ商品のファッションショー的パフォーマンス開始。プロジェクターのライトを受けて、その影を映す心憎い演出。
    ■優勝・大阪芸術大。これは納得。準優勝・京都大学。3位はないのですが、「とにかく1位から3位まで、紙一重の差」ということでした。

  118. [予定]NHK「おうみ発610」生出演(2008年6月6日記入)

    谷口ゼミナールの福山と後藤が、NHKおうみ発610「おうみ人街道」に生出演します。
    ■放映時間:6月9日(月)
     午後6時20分ごろ

    ぜひご覧ください。

  119. [課題]データベースシステム課題(5月22日)(2008年5月27日記入)

    課題内容:第1章13ページの問い1,問い2
    提出名:二層施錠
    注意:このレポートの採点配分はやや重い。
    提出期限:5月30日

  120. [其他]「井伊直弼と開国150年祭」支援事業に採択される(2008年5月16日記入)

    6月より始まる『井伊直弼と開国150年祭』と連動する市民創造事業に谷口ゼミの『知り隊!教え隊!井伊直弼』が採択されました! 
    ただいまMiXiの「なおすけちゃん」コミュニティにてプレ情報発信中!
    ぜひメンバーになってください。

  121. [課題]データベースシステム1(2008年5月13日記入)

    課題名:並行制御

  122. [予定]初めての「大学入門セミナー」(2008年4月10日記入)

    明日11日金曜日1時限目、初めての「大学入門セミナー」を、情報処理センター 第4演習室で行います。

  123. [予定]データベースシステム1(2008年4月9日記入)

    新年度がスタートしました。データベースシステム1は4月15日(火)に第1回目の講義を行います。データベース全般の話と講義概要について説明します。
    教室は情報処理センター第5講義室、4限目です。

  124. [其他]ひこね・まち遊びケータイが日経に(2008年4月9日記入)

    彦根市、彦根商工会議所、滋賀大学などで構成する彦根ユビキタス産業協議会の「ひこねまち遊びケータイ」が日経デジタルコアで紹介されました。
    ここをクリックしてください。
    これは、昨年、日経主催の地域情報化大賞の視察に基づいてまとめられた記事です。

  125. [課題]データベースシステムU(総合課題)(2008年2月4日記入)

    期末試験もあと一週間となりました。データベースシステムUは皆さんより提出された課題の評価と出席により単位認定いたします。
    本総合課題は、前回の9章の課題同様評価点の高い課題です。皆さんのご奮闘を期待します。

    ■課題内容
    第10章170ページにあるデータベース「受注管理.mdb」の会員テーブルに新規会員を登録する情報処理システムを完成させる。正しく登録されたことを確認するプログラムも完成させること。
    ■提出要領
    ソースプログラムと結果画面を対応付けて表示し、動作の説明や工夫した点、困った点などを書き添えて、ワードファイル形式で「文箱」に投稿する。
    課題名は「総合課題」とする。
    ■提出期限
    ・4回生以上の卒業対象者:2月13日(水)午後5時厳守!!!
    ・3回生以下:2月15日(金)午後5時。


  126. [課題]ASP課題2(2007年12月20日記入)

    第9章158ページのWebプログラミング問題1から4までを完成させること。

    ■作成要領:各問題についてソースコードと実行結果画面で説明すること。特に問3では、ホワイトボックステスト(テストデータを入力して正確に動作するかを確かめる方法)により、年齢計算が正しく処理されることを示すこと。

    ■注意点
    1.問3では入力画面から読み込んだデータは、最初文字列型となることに注意すること。ただし、文字列型であっても”+”以外の演算子によって計算式が記述されると、自動的に数値型になり、正しく計算される。正しく計算されない”+”の例を示す。
    (例)nen=Request.Form("nen") '昭和生まれの年を取得
      year_correct=nen+1925 '1925が数値型なのでnenも数値型となり加算されて西暦に変換される。
      year_wrong=nen+"1925" '1925が文字列型なので文字列型nenとの連結が行われる。
    同様にIF命令でも注意が必要。
    (例)gatu=Request.Form("gatu")
      If gatu<Month(Now) Then
        nenrei=Year(Now)-year_correct
      End If
    としても、gatuは文字列型Month(Now)は日付型なので正しい比較ができない。そこで、型変換関数により日付型にして比較する。

    日付型への変換関数はCDate(文字列)である。
     ※If CDate(gatu)<Month(Now) Then
       nenrei=Year(Now)-year_correct
      End If
    とする。文字列型を整数数値型にする関数はCIntである。
      year_wrong=nen+CInt("1925")
    とすれば、正しく西暦へと変換される。

  127. [課題]ASPの課題-1(2007年11月20日記入)

    30日間、毎日小遣いを次の2方式でもらうとき、合計は、それぞれいくらになるでしょうか?
    計算式を考えて答えをもとめなさい。
    (1)毎日500円もらう
    (2)1,2,4,8,16,32と前の日の倍づつもらう。
    ※これは豊臣秀吉と曽呂利新左衛門の逸話に基づいている。

  128. [課題]データベースシステムII - 第8章課題(2007年10月30日記入)

    ■内容:第8章「Web表現とHTML」のまとめとして、Chap8-14.htmlの入力画面を改善する。
    改善例)テーブル構造にして、見出しと入力部を整列化する。
    ■ファイル名:「メールアドレス+HTML.doc」

  129. [課題]データベースシステム1−SQL課題(2007年7月16日記入)

    ■課題名  SELECT
    ■課題内容 第2章P.50 から P.52 までのSELECT文に関する演習問題。 ACCESSでSELECT文を実行して、結果を確認すること。
    ■提出期限 7月17日(昼間主) 7月19日(夜間主)


  130. [課題]データベース「集合演算」の課題について(2007年6月5日記入)

    ■標記科目第2回の課題として、以下の通り提出を求めます。
    ■課題内容


    1. 第2章P.29の商演算

    2. P.31からP.33までの演習問題


    ■提出期限

    1. 昼間主:6月12日(火)

    2. 夜間主:6月14日(木)


  131. [其他]科学研究費の獲得(2007年5月25日記入)

    おかげさまで、これまで3年間継続してきました携帯電話をモバイル端末にした「ユビキタス学習指向観光システム」が文部科学省の科学研究費補助研究に採択されました。本年度と次年度の2年間の研究となります。

    研究課題名:ユビキタス社会のエコミュージアム創造に関す研究と実践

    つきましては、携帯電話のアプリケーション作成に興味のある学生・協力してくれる学生を募集しています。また、装置開発も行いますのでものづくりに興味がある人も募集しています。 なお、この研究は産研センターのまちづくり専門家・山崎一眞教授との共同研究です。

  132. [課題]データベースシステムT課題(2007年5月2日記入)

    課題内容:第1章、P.13の問1および問2を答えて下さい。
    提出方法:当該Webページの「文箱」へワード等のOFFICE系アプリ文書で投稿して下さい。ファイル名にルールがありますので、注意書きをよく読んでください。
    提出期限:5月15日(火)
    その他:夜間主開講のデータベースシステムも同様です。ただし、提出期限は17日(木)とします。

  133. [其他]データベースのテキスト購入について(2007年4月23日記入)

    データベースをより深く理解して頂くために「ITテキスト:データベース」を生協にて購入して下さい。初級シスアドなどの情報処理技術者試験にも役立つと思います。

    急いで下さい。まもなく生協の店頭からなくなります。

  134. [予定]データベースシステム(2007年4月10日記入)

    本年度はデータベースシステムを下記の通り、昼間主と夜間主の2コースで開講します。各自の所属コースで受講ください。
    1.昼間主火曜日4限、情報処理センター第5演習室
    2.夜間主木曜日6限、情報処理センター第5演習室

    ■テキスト等
    ・プリント配布
    ・参考図書:情報処理学会編集IT Textシリーズ『データベース』ohmsha,\2500

  135. [其他]データベースUレポートについて(2007年2月20日記入)

    3回生以下の人で出していないレポートがある人は,提出期限を今週末(25日)まで認めますので,出して下さい.

  136. [其他]DateDiff関数の訂正とお詫び(2007年2月9日記入)

    第9章152ページの「日付処理関数」DateDiffに大きな誤りがありました.訂正します.9章の演習で誕生日を計算するときに混乱させたものと思います.お詫びします.月と日を比較するためには,Month,Dayで比較して下さい.
    (誤)





    DateDiff("d", Now , #2010/4/2#)
    注)#2010/4/2#-Nowと計算する
    2つの日付データの対応する年、月、日、時、分、秒の差を返す."yyyy" は年数,"m"は月数, "d"は日数,"h"は時,"n"は分,"s"は秒の差.Now=#2005/10/1#の時、"yyyy"なら5,"m"なら-6となる。

    (正)





    DateDiff("d", Now , #2010/4/2#)
    注)#2010/4/2#-Nowと計算する
    2つの日付データの対応する年、月、日、時、分、秒の差を返す."yyyy" は年数,"m"は月数, "d"は日数,"h"は時,"n"は分,"s"は秒の差.Now=#2005/10/1#の時、"yyyy"なら5,"m"なら54となる。4年と6ヶ月の差より54ヶ月の差となる

  137. [課題]データベースII課題(最終)(2007年1月30日記入)

    データベースシステムIIの第10章課題および提出期限は以下の通りです。
    ■課題内容:第10章170ページのレコード追加プログラムの演習
    ■提出期限:2月16日(金)
    170ページからの続きは文箱にアップしてありますので、興味のある人は見てください。

  138. [課題]データベースシステムII・9章総合演習(2006年12月26日記入)

    課題名:第9章総合演習(158ページ)
    内 容:第9章総合演習(158ページ)の4問すべてについてWebプログラムを作成して、プログラムリスト、動作画面のハードコピー、さらに工夫した点などを記述する。考察などがあるとさらによい。

  139. [課題]データベースシステムII・Webプログラム(2006年12月26日記入)

    課題名:九九の計算
    内 容:For文を用いて九九の計算表を作成する。

  140. [課題]情報と職業・冬休み中の課題(2006年12月26日記入)

    課題:『ゲーム脳の恐怖』を読み、α波とβ波の関係から大脳の機能について理解し、各自の体験を下に作者の学説を考察する。
    提出:このHP文書管理
    期限:2007年1月10日

  141. [予定]データベースIIの現在(2006年12月12日記入)

    ただいま、データベースIIは、第9章のWebプログラミングを中心に情報システム開発の基礎を行っています。
    演習ポイント:
    1.BabyWebServerを起動する
    2.settingでホームディレクトリをX:Webpageにする。
    3.http://ipc5***.econ.shiga-u.ac.jp/*****.asp
    でプログラムを実行する。

    チェックポイント:
    1.変数とメモリ割り当ての理解
    2.プログラムの3構造を理解する。
    3.実践あるのみ。エラーの数ほど上達する。

  142. [課題]情報と職業課題「加減乗除の原理」(2006年10月26日記入)

    ■加算装置で減算,乗算,除算ができる原理を説明.

  143. [課題]データベースシステムU課題「実体関連」(2006年10月24日記入)

    ■第4章70ページフットノートの問「受注テーブルは完全従属でないこと」を説明する.

  144. [課題]データベースシステムU課題「正規化」(2006年10月17日記入)

    ■第3章65ページ「正規化の演習」
    エクセルで正規化の過程を示すこと.

  145. [予定]大学院「情報システム」(2006年9月29日記入)

    まず、データマイニングについて学習します。その後、PHP+MySQLによるマイニングプログラムの開発実習をします。

  146. [予定]データベースシステムII(2006年9月29日記入)

    第3章データベースの設計の続きから始めます。

  147. [課題]データベース課題その5(2006年7月7日記入)

    課題内容
     50から52ページのSQLについて、実際にデータベースを作成して、SQLの実行結果とSELECTコマンドを示す。
    ファイル名
     SQL

  148. [其他]国交省「まちめぐり観光ナビ」支援事業に採択される(2006年6月21日記入)

    滋賀大学が中心となっている「彦根ユビキタス産業協議会」は、
    「まちめぐりナビプロジェクト(国交省)にめでたく採択されました。
    これまでのケータイによるユビキタス観光システムや多言語観光案内、
    ICタグによる情報提供などが評価されたものです。

  149. [課題]情報管理学科に学ぶ(2006年6月15日記入)

    課題内容:ケータイによる彦根ユビキタス観光システムについて

    実際に5カ所以上の観光ポイントで携帯を使ってみて、
    1. 良いと思う点を挙げてください。その際理由を明確に記してください。
    2. 悪いと思う点を挙げてください。その際理由を明確に記してください。
    3.悪い点を改善するプランを教えてください。
    4.その他、提案するシステムを教えてください。

    提出方法
    谷口のホームページ文箱

    提出期限
    8月3日(木)
    :15日欠席者はレポート点数から3割減ずる。

  150. [課題]データベース課題その4(2006年6月13日記入)

    課題内容
     32ページ「直積演算の演習」
     33ページ「自然結合・選択・商の演習」
    ファイル名
     集合演算2

  151. [其他]データベース受講料の例(2006年6月12日記入)

    滋賀県産業支援プラザで行われる「Access」の講習会のみでこの金額です。
    本講義はこれの十数倍の内容を含んでいます。たかーい授業料を取り返す気で学習してください。

  152. [課題]データベースシステム課題その3(2006年6月8日記入)

    課題内容
    1.29ページ:問の商演算(R/S)を行う。
      2項の演算結果を順に示し、最終的な結果を導き出すこと。
    2.30ページ:以下の用語を説明すること。
      集合、リレーション、定義域、マルチ集合
    3.31ページ:集合演算の演習。問1から問4。
    提出ファイル名
     「集合演算1.doc」

  153. [課題]データベースシステム課題その2(2006年5月16日記入)

    課題:データウェアハウスについて、なんでもいいですから調べて、気づいたことをまとめて下さい。特に事例など。

    課題名:データウェアハウス

    提出場所:文箱

  154. [課題]データベースシステム1課題その1(2006年5月2日記入)

    □配付資料第1章13ページの問1および問2
    □ファイルに付ける課題名「二相施錠
    □提出場所:当HPの文箱
    □期限:一応9日までに

  155. [其他]お詫び(2006年2月7日記入)

    文箱」のレポート提出機能に不具合が発生しておりました。ご迷惑をお掛けしたことお詫びします。
    原因は新しいOSに変更したことにより、制約がより厳しくなったことによるものでした。
    ※ただし、現在の設定でもファイルサイズが2MBを超えるとエラーになります。ご注意ください。

  156. [課題]データベースUの最終課題について(2006年2月2日記入)

    ■課題内容
    【必須】テキスト第10章174ページから176ページのWebプログラム実験1から3を演習課題も含めて完成させること。さらに、商品テーブル、在庫テーブル、受注テープルなどを応用したWeb情報システムを開発した場合は相応の評価をする。
    【応用】上記課題とは別に、新たなデータベースの設計からWeb情報システムまでを総合的に開発した場合は高く評価する。
    ■記述要領
    ・プログラムのソースリストと実行結果画面およびその解説
    ・工夫した点、理解したこと、苦労したことなど
    ・まとめ
    ■提出期限
    ・平成18年2月17日(金)
    ・当HP「文箱」内へ

  157. [課題]データベースシステムII講義の進捗状況(2005年12月8日記入)

    現在、第9章の演習に取り組んでいます。

  158. [課題]情報学への招待:課題追加(2005年12月8日記入)

    「情報学への招待」では、毎回ワークシートの設問に答えて提出して頂いていますが、第4回「電子商取引」では、1.公開鍵暗号方式と秘密鍵暗号方式、2.スパイウェアについての2問を追加しました。これについても調べて、次回の講義時に提出して下さい。

  159. [其他]レポート受領終了のお知らせ(2005年8月8日記入)

    2005年度春学期にかかる谷口が担当するすべての講義レポートの受領は終了しました.

  160. [課題]情報リテラシ(経済3)「回帰分析」(2005年7月1日記入)

    課題内容:各自のデータに基づいた「回帰分析」
    注  意: 課題の記載要旨をよく理解して仕上げること。

  161. [課題]データベース1課題(正規化)(2005年6月28日記入)

    ■課題名:「正規化」→配布資料の第3章P.65参照のこと。
     

  162. [其他]ICT彦根フェア連動イベントの紹介(2005年6月25日記入)

    6月25日は夢京橋キャッスルロードへ!!!
    FM滋賀ライブ中継!。谷口ゼミからもゲスト参加してオンエアー!。
    ■イベント112時から12時55分:「FM滋賀モビィがおじゃましバス」:寺尾仁志、宮本聖子
    ■イベント2午後1時から1時半:バンドライブ:寺尾仁志、宮本聖子他
    ■イベント31時40分から約1時間:「夢京橋・四番町界隈」ユビキタス観光体験:アナウンサー+NTTドコモ関西+谷口ゼミ

  163. [課題]情報リテラシ経済3(その4)(2005年6月16日記入)

    What If分析の応用例題
    @身長と体重から肥満度、BMIを計算し、さらに、BMIから評価を判定する。
    A5Kgの増減によるシナリオ、BMIを22にするための体重のコントロール。
    B以上の結果を基に、自分の現在の健康状態を考え、今後の食生活などによる健康管理ついて考察すること。
    Cアンケートにも番号で答えること。

  164. [課題]データベース1の課題(その3)(2005年6月16日記入)

    第2章50ページから52ページの問題。
    実際にACCESSを使ってデータベースを作成し、SELECTコマンドを実行してみるとよいでしょう。その結果画面をワードに貼り付ければ、レポートの作成も容易になります。

  165. [課題]情報リテラシー(表計算の課題)(2005年6月2日記入)

    ■その1
     ★エクセル配付資料6ページ(基本操作編)のレポート
     ・提出ファイルの課題名「メルアド履修科目.xls」
     ・提出期限:6月2日(木)

    ■その2
     ★エクセル配付資料11ページ(グラフ作成編)のレポート
     ・提出ファイルの課題名「メルアド気温水温.xls」
     ・提出期限:6月9日(木)
     ※注意:考察は図形描画ツールバー内のテキストボックスを用いること。

  166. [予定]谷口ゼミ生がFM滋賀生出演!!(2005年6月2日記入)

    オンエア:6月13日(月)13時以降
    目  的:6月25日(土)ICTフェア2005彦根(ビバシティ)におけるNTTドコモ関西、滋賀大学および彦根ユビキタス産業協議会との共同企画プロモーションのため。
    共同企画:QRマップによる城下町散策とケータイクーポンによる商店街活性化実証実験

  167. [課題]データベース1課題2(2005年5月24日記入)

    本日、以下のとおり2回目の課題を出しました。
    @第2章 P.31の「集合演算の演習」
    A第2章 P.29の商演算の問
    Bついでに第2章 P.32の「直積演算の演習」
    ファイル名は「メールアドレス+DB課題2.doc」としてください。

  168. [課題]データベースシステムI「課題1」(2005年5月17日記入)

    並行処理制御という、やや取っつきにくい課題ですが、資料をよく読み、そして理解してレポートを作成してください。
    1.第1章13ページ問1:施錠規約が理解できているかを試す問題です。横(縦)軸を時間軸として、ユーザ1とユーザ2がデータベース管理システムに発行したトランザクションの操作要求を図示して、施錠規約に従っていることを示してください。しかし、仮にaの初期値を100としたとき、最終結果を求め、それでよいかどうかを考察してみてください。
    2.同じく問2:二相施錠規約が理解できているかどうかを試す問題です。そもそも何が二相なのかを理解できていないとわからないですね。資料をよく読んで答えて下さい。どのような状態に陥るかは専門用語で答えて下さい。

    ・提出は「メールアドレス+DB課題1.doc」で文箱に投稿して下さい。
    ・締め切りは5月24日です。
    ※生協に「ITテキスト・データベース」が入荷しています。理解を深めるために購入して下さい。

  169. [課題]「情報管理学科に学ぶ」と「情報リテラシー(経済3)」の課題について(2005年5月6日記入)

    標記課題について表示が遅くなりましたことお詫びします。
    以下の要領にてA4用紙2枚程度のレポートを作成して下さい。
    ■記載内容
    1.本システムの良いところ。
    2.本システムの問題点とその改善案
    3.本システムに対する新たな要望
    4.自由な感想など。
    5.必須項目として次の点に答えて下さい。


    1. 携帯電話の機種は?

    2. QRコードは読めましたか?(1.読めない 2.操作がわからない 3.読めた)

    3. 観光スポットの説明文は参考になりましたか?(1.ならない 2.どちらでもない 3.なった)

    4. 観光スポットの説明文はわかりやすかったですか?(1.わかりにくい 2.どちらでもない 3.わかりやすかった)

    5. 観光スポットの旧写真はためになりましたか?(1.ならない 2.どちらでもない 3.なった)

    6. 観光ルートのナビはためになりましたか?(1.ならない 2.どちらでもない 3.なった)

    7. 観光スポットについて発見や気づいたことがありましたか?(1.ない 2.どちらでもない 3.あった)

    8. 音声による説明は効果があると思いますか?(1.ない 2.どちらでもない 3.ある)

    9. 動画による説明は効果があると思いますか?(1.ない 2.どちらでもない 3.ある)

    10. パケット代が気になりましたか?(1.ならない 2.どちらでもない 3.なる)


    ■提出方法
    1.レポートはワードで作成して下さい。
    2.ファイル名を次のように変更して提出して下さい。
     >>滋賀大学のメールアドレス+QR課題.doc
     (注意)@マーク以降は不要
    3.必ず谷口のHPの「文箱」へ提出して下さい。
    4.提出期限:5月19日(木)

  170. [其他]データベースシステムの講義室変更について(2005年4月14日記入)

    データベースシステムの講義室が、情報処理センター第5演習室になります。

  171. [其他]ご入学おめでとうございます(2005年4月11日記入)

    今年は、1年次配当科目として、

    1.情報リテラシー(経済クラス3)
    2.情報学への招待

    を担当します。
    2年次の学生諸君は、

    ・データベースシステム1,2

    を受講してください。

  172. [其他]「ちえナビ」が一般公開されました。(2005年3月6日記入)

    「ちえナビ」は滋賀県内10大学および公設研究2機関の研究者情報を簡単に検索できるシステムです。
    産学官連携を促進するために、滋賀県からの委託により、2003年度から谷口研究室で開発を開始しました。
    1年間の試験運用を経て、2005年3月1日に一般公開しました。
    ちえナビをお試し下さい。メニューから研究者情報をクリックしてください。

  173. [其他]ゼミ活動取材のNHK放映(2005年3月6日記入)

    ユビキタス学習型観光システム実証実験のNHK取材番組が次のとおり放送されます。
    谷口ゼミの学習型観光プロジェクトチームが出ます。
    6時間に及ぶ長い取材でした。NHK大津支局様ありがとうございました。
    ・3月7日(月)午後6時10分「おおみ610」、ただし滋賀県内のみ。
    ・3月10日(木)午後6時10分から滋賀県以外の関西で。

  174. [課題]データベースシステムIIの最終課題(2005年1月25日記入)

    標記課題の提出期限および内容等は次の通りとします。
    提出期限
    1.卒業年次の受講者:2月1日まで
    2.それ以外の受講者:2月8日まで

    課題内容の確認
    ・第9章 WebServerとHTML,VBScriptに関する課題
    ・第10章 データベースを応用したWeb情報システムの構築。システムの設計内容は自由。ただし、そのシステムにより何がどのように改善されるか、明確な目的があること。

    提出方法
    ・課題名:DBII最終課題
    ・提出場所:当Webページの「文箱」。メール添付は受け付けない。
    注意
    ・2月9日以降は、ユーザ権限削除のため情報処理センターでの作業はできなくなる。
    ・第10章のレポート提出者にはを与える。ただし、前年度までに提出されたレポートに類似するものは不可とする。

  175. [其他]データベースシステムII(2004年10月6日記入)

    後期のデータベースシステムIIでは、データベースを情報システムの中核としたシステム設計、プログラミングなど、実践的で役に立つ授業を展開します。是非受講して下さい。

  176. [其他]すべてのレポートの受領は終了しました(2004年8月10日記入)

    前期担当した講義のレポートの提出期限が過ぎ,これ以後,受領はしません.

  177. [課題]情報管理学科で学ぶ(最終回)課題(2004年7月12日記入)

    情報管理学科で学ぶ(最終回)の課題を、教務課前の掲示板に公示しています。
    またはここをクリックするとPDFファイルが開きます。

  178. [予定]データベースシステムの補講について(2004年7月5日記入)

    先般の台風により休講となった振り替え補講は、
    7月8日(木)5時限目に実施します。
    教室は13番教室ですので、間違えないでください。
    「第2章のまとめと試験範囲」について解説します。

  179. [休講]台風のため全日休講(2004年6月21日記入)

    滋賀県下、「暴風警報発令」のため全日休講となりましたので、「データベースシステム」休講となりました。

  180. [課題]「情報と職業」の課題5(2004年6月1日記入)

    1.テキスト2ページの情報社会の特徴として「5.情報の量や質がその物事の価値を決める大きな要因となること」を自分の例として説明してください。

    2.ICタグを使ったビジネスモデルを創造してください。

    6月3日(木)の授業時間にに発表していただきます。(名簿順)

  181. [課題]データベースシステム1課題1(2004年5月17日記入)

    提出日:5月24日(月)

    課題:
    1.データベースを利用していると思われるWebサイトを提示すること。
    2.その理由をホームページの図を表示して説明すること。
    3.Webページにデータベースを利用することで、どのようなメリットがあるかを述べること。
    4.施錠規約に関する問1、問2。

    提出場所:当ホームページ「文箱」
    ファイル名:メールアドレス+DB1課題1

  182. [課題]情報と職業ワークシートについて(2004年4月22日記入)

    ■木曜2限「情報と職業」のワークシートを「文箱」にアップロードしました。
    ■「情報と職業worksheet1.doc」には第1回目から4回目までの分がまとめて入っています。
    同様に、「情報と職業worksheet2.doc」には第5回目から8回目までの分がまとめて入っています。両方をダウンロードしてください。
    ■このワークシートに課題を記入して、「文箱」に提出してください。

    なお、このワークシートの著作権は発売元「日本文京出版」にあります。教育での利用を目的として受講者に限定して配布するものであり、それ以外の方はダウンロードしないで下さい。無断使用・転載などによる問題が発生しても、私は一切責任を負いません。

  183. [予定]データベース1の講義室変更(2004年4月22日記入)

    月曜2限、「データベース1」は当分の間、情報処理センター第5演習室で、映像教材を用いて行います。
    そちらに来てください。

  184. [其他]情報と職業の講義について(2004年4月12日記入)

    「情報と職業」は、高校教員免許「情報」認定以来、初めて経済学部で開講します。
    15日(木)2限を受講する方は、指定教科書をお買い求めのうえ、出席してください。
    教職科目ですから、毎回、皆さんが先生となって講義を進める予定です。
    パワーポイントを使えるようにしておいてください。

  185. [其他]谷口ゼミの教科書変更(2004年4月1日記入)

    谷口ゼミのみなさんへ:
    シラバスに掲載している教科書を、次のものに変更します。間違えないように購入してください。なお、ゼミ2の人も購入してください。
    「情報技術のすべてがわかるSE教科書」(株)大和総研情報技術研究所、翔泳社、2380円
    生協に必要部数を伝えていますので、生協で購入してください。

  186. [其他]ご卒業おめでとうございます(2004年3月25日記入)

    谷口ゼミナール4回生の皆さん、そして私の講義を受講された4回生以上の皆さん、ご卒業おめでとうございます!!!
    「もう少し学生やりたいなー」という心境でしょうが、未練は捨てましょう。
    明日に向かって自己実現のために働きましょう。ひいてはそれが社会のためになるようにするのが本学を卒業する皆さんの腕の見せ所でしょう。期待してます。

  187. [其他]データベースシステム1授業評価結果(2004年3月18日記入)

    データベースシステム1に関する「授業評価」の集計結果を、本日受領しました。
    「なぜ、データベースシステムの受講者は少ないのか?」という私からの自由質問に対して、非常に心温まるコメントを多くの受講生から頂きました。次年度につながる活力の源泉になりました。また、ご指摘の多くに、データベースの「意味、必要性がわかっていない」、「難しいイメージがある」などがございましたが、次年度からは各学科の「リレー講義」が新たに開講されますので、初期の段階でビデオなどを利用してデータベースをわかりやすく説明したり、データベースの講義の中でも映像資料を取り入れて上記のご指摘に応えていきたいと思っています。貴重なご意見ありがとうございました。

  188. [其他]成績評価終了のお知らせ(2004年2月13日記入)

    2月13日(金)午後5時をもちまして、本年度担当しました教科の採点(評価)を終了し、学務係に成績を提出しました。

  189. [課題]データベースシステムUの課題(2004年1月19日記入)

    データベースシステムUは、下記の要領でレポートにて単位認定を行います。

    ■レポート内容
    1.可または良となる規準:第9章「VBScript演習」の問5までを仕上げること。年令を求めるWebプログラミングの説明を補足したので、文箱で提供している第9章のPDFファイル158ページを参照されたし。問4では楽しい作品を期待する。
    2.優となる規準:第10章によるデータベースを応用したWeb情報システムの設計と開発。

    ■提出期限:2月10日(火)
     「文箱」へ提出。

    期末試験終了後時間的余裕がありますので、優の課題にチャレンジされることを期待します。

  190. [課題]情報社会(滋賀大、バイオ大)の最終課題について(2004年1月15日記入)

    ■レポート内容:(rp2.doc)
    1980年代日本は経済大国と云われ、また、米国に次ぐ情報先進国であった。しかし、バブル崩壊後の「失われた10年」の間にそれらの地位はかなり低下した。
    Q.1 そこで、テキスト55ページから58ページを参考にし、さらにWebから情報収集して、国際的な視野から日本の情報化を考察しなさい。
    Q.2 次に、e-Japan戦略の内容について検討し、国の政策について各自の考え、希望などを述べなさい。
    Q.3 メットカーフの法則で「端末数の2乗に比例する」
    ということを論理的に説明しなさい。

    ★講義で紹介した「情報文明の日本モデル」坂村健著、「ゲーム脳の恐怖」森昭雄著を読んで、思うところがあれば述べられること歓迎します。

    ■提出期限
    滋賀大学:1月23日(金)
    バイオ大学:1月23日(金)

    ■提出方法
    当サイト「文箱」に投函してください。ファイル名のルールを守ってください。

  191. [其他]卒論の構成(中間発表)(2003年12月15日記入)

    第1章 序論
     論文のテーマとなる問題(点)の表明(明確化)
     その問題が認識されるまでの背景について
     現状の説明
     その解決策の提案
     その解決策に対して自分がどのようにアプローチしようとしているかの説明
     その成果への期待

    第2章 基礎知識
     その問題に関連する基礎知識について、構成を考えてまとめる。おそらくこの部分の記述が、皆さんの頭の中では論文だと思われているところではないかと思います。
    しかし、ここは問題を解決するための基礎知識なり基礎技術に相当します。これで終わることはいけません。あくまでも基礎知識です。とは言え、この部分で必要字数の半分以上を稼ぐ必要はあるでしょう。(~:~)

    第3章 問題の解決策の提案
    アウトラインくらいはしたためておく。

  192. [予定]卒業アルバム写真の撮影(2003年11月17日記入)

    11月17日(月) 12時50分
    学務前前にて撮影します。時間厳守で集合してください。

  193. [其他]情報と社会(2003年11月17日記入)

    受講者名簿が届きましたので、今週から出席を取ることにしました。

  194. [予定]木曜2限「情報と社会」の講義教室(2003年10月20日記入)

    プロジェクターが直りましたので、予定通り24番教室で行います。

  195. [其他]情報と社会の教科書購入について(2003年10月9日記入)

    木曜2限、全学教養科目「情報と社会」を受講される方は次の教科書を購入してください。

    「教科書 情報と社会」木暮 仁、日科技連、2000円

    生協で販売中!(のはず)

    プロジェクターが不調の場合は、教室を変更するかもしれませんので、学務前の掲示に注意してください。

  196. [其他]課題レポートの公開終了(2003年8月24日記入)

    データベースシステム1に関する課題の模範レポートの公開を終了しました。また、秋学期はじめの授業で講評いたします。

  197. [其他]8月20日までサーバー停止(2003年8月15日記入)

    ウィルスの感染に備えて、念のためサーバーを停止します。

  198. [其他]データベースシステム1の成績について(2003年8月12日記入)

    データベースシステム1の成績を本日提出しました。
    毎回のレポートをしっかり仕上げている人は、筆記試験も良くできておりました。
    当然といえば、当然ですが、日々の積み重ねが大事ですね。
    評価方法は、筆記試験の点数と6回分のレポートの評価点を、7:3の配分で合計して算出しました。
    なお、よくできていたレポートを模範として文箱に期限限定で掲載しました。

  199. [其他]起業できるライセンスセミナーQ&A配信中(2003年8月5日記入)

    起業できるライセンスセミナーQ&Aをまとめました。
    ここををクリックしてください。
    そして、『起業できるライセンスセミナーQ&A集』会議室に入ってください。
    回答に対してさらに質問したい場合は、返信をクリックして、再質問もできます。

  200. [予定]起業ライセンスセミナにBBC牧田アナウンサー来日(2003年7月31日記入)

    7/31(木) BBC【びわ湖放送】の牧田もりかつ氏がいらっしゃいます。

    [内容]
    本日PM8時過ぎに、BBC【びわ湖放送】の牧田もりかつ氏よりお電話を頂きました。

    「明日、僕(=牧田もりかつ氏)が寄せて頂きます。」とのことです。
     また、牧田もりかつ氏も皆さんに大変関心をもって頂いておりますので、終了後にご紹介させて頂きたいと存じます。

    ◆時間的には、<AM10時半過ぎ>になりそうとのことです。

    な訳で、途中からカメラが入る形となりますのでご了承下さいませ。
    谷口先生からお話し頂いてました「牧田もりかつ氏の紹介」について
    牧田もりかつ氏に確認をとりました。

     (牧田氏)「そんなぁ、いいですよ。」
     (野 瀬)「状況によっては私がフリますので、その時は対応よろしくお願いします。」
     (牧田氏)「それなら、わかりました。」

    と言ったやり取りでした。

     周囲の状況やタイミングを観て、

     ●セミナー終了後
     ●質疑応答の前後
     ●私の話しの冒頭

    に紹介させて頂くやも知れませんのでよろしくお願い致します。
     -------------------------------------------------------------------------
      ●7/31(木) のニュース番組(PM6時、10時)
     -------------------------------------------------------------------------
      ●8/2(土)・3(日) の『e−teaminal【滋賀経済最前線】』
     -------------------------------------------------------------------------

    にセミナーの様子を流してもらえる可能性が大きくなりました。

    ※あくまで可能性であり、他のニュースとの兼ね合いで、
     必ずしも放送されるとは限らないのでその点はご了承下さい。

  201. [其他]MS03-023マイクロソフト緊急修正実施済み(2003年7月11日記入)

    本サーバーは、マイクロソフト緊急要求の標記修正プログラム(823559)実施済みです。

  202. [課題]データベースシステム課題6(2003年6月30日記入)

    第3章65ページ「正規化の演習」問題1と問題2を課題とします。

  203. [課題]データベースシステム1課題5について(2003年6月23日記入)

    課題内容:
    第2章50ページから52ページのSELECT命令に関する設問に答える。

    お詫び:
    50ページから52ページは、配布したつもりでおりましたが、配布していないことに気づきました。お詫びします。本サイト「文箱」より第2章をダウンロードするか、当該ページをご覧になっていただくようお願いします。

    実習について
    次週から情報処理センター第5演習室にて、データベース構築の実習をはじめます。そちらに集まってください。

  204. [課題]データベース課題4(2003年6月16日記入)

    第4回データベースの課題が出ています。

    課題内容
    ・配布テキストP.42 問1および問2

  205. [課題]データベース課題3(第2章P.31-33)(2003年6月16日記入)

    第3回データベースの課題が出ています。
    課題内容
    ・配布テキストP.31 問1から問4
    ・配布テキストP.32 問1から問2
    ・配布テキストP.33 問1から問3
    以上です。


  206. [其他]山東町天の川の源氏蛍(2003年6月8日記入)

    山東町近江長岡一帯では天の川沿いに「源氏蛍」が乱舞しています。この幽玄な世界を楽しみたい方は、是非いらしてください。昨日、土曜日は大勢の車、人出で、蛍も驚いたことでしょう。
    詳しい情報はこちらに掲載されています。

  207. [課題]データベース課題その2(2003年6月2日記入)

    テキスト第2章29ページの商演算に関するレポートを出しています。
    (補足)
    条件リレーション(S)は「商品」属性だけとする。
    販売リレーション(R)は「名前」と「商品」の2属性とする。
    この2つのリレーションの商演算、
     R/S=R[名前]-((R[名前]xS)-R)[名前]
    を、各項ごとに計算・表示して、結果がスライドのように{木下、鈴木}になることを示す。
    ここで、R[名前]は射影演算を表す。

  208. [其他]ご入学おめでとうございます!!!(2003年4月7日記入)

     伝統があり、社会でもご活躍されている先輩が多く、そして日本で最大の経済学部へようこそ!
    最大であることの強みは、さまざまな学習メニューが揃っていることでしょう。しかし、易きに流れ、単位だけを揃えて卒業することのないように、目的を定めて学習して下さい。
     入口を突破された今、次は出口への対策です。そのためにも学習目的をしっかり定めて欲しいと思います。
     そのためのアドバイスが必要であれば、多くの先生はいつでも親切に相談にのって下さいます。大学にあるものすべてを有効に利用して、充実したキャンパスライフを実現して下さい。

  209. [其他]ご卒業おめでとうございます!(2003年3月25日記入)

    谷口ゼミのみなさん、ご卒業おめでとう御座います。
    今、東京工科大学から、このメッセージを入れていますが、明日の卒業式に出席できないこと、深くお詫びします。
    卒業論文集CD-ROMをチ―君のボランティアで、今年はじめて作成しましたが、いかがですか? ジャケットデザインをしてくれた井関君ありがとう!!!
    ゼミのページを拡張して、卒業後も、ゼミ生や卒業生の住所やメールアドレスなどを参照、更新できるようにしますので、かならず、アクセスして最新情報を入力して下さいね。
    では、お元気で!!!

  210. [課題]今後も伝言板を確認してください。(2003年2月14日記入)

    文箱に提出されたレポートの中に読みとれないものが含まれている可能性があります。読みとれなかったものを伝言板で連絡しますから、今後もチェックしてください。

  211. [課題]データベースシステム2のレポート作成にあたっての注意と変更点(2003年2月4日記入)

    【昼間主のみ】
    1.刊行物の表紙画像が入っているフォルダは、article.aspでは「表紙」となっていますが、Y:ドライブのオリジナルには「表紙イメージ」というフォルダに入っています。統一するように注意してください。また、Y:ドライブのオリジナルになる「表紙イメージ」を「表紙」に変更しましたので、改めてコピーされる方は問題なくなりました。

    2.「中小企業の経営の建て直し・強化はこうする」という刊行物についてのみ、記事データ(記事タイトル.pdf)があります。したがって、この刊行物以外は、記事タイトルをクリックしても記事は表示されません。動作テストは「中小企業の経営の建て直し・強化はこうする」を用いて行ってください。

    3.article.aspで定義されるSQLsのSELECT文には、FROMやWHERE,ANDなどの予約語(句)の前後に半角空白が必要です。プリントではそれが抜けているようにみえますがあります.また,PDFからコピーするとその半角空白が抜け落ちますので,各自補ってください.

  212. [其他]模範レポートの開示(2003年2月4日記入)

    データベースシステム2最終課題【昼間主】の模範的なと言いますか,すばらしいレポートが提出されましたので,参考までに,その一部をご紹介します.
    模範レポート.pdfをクリックしてみてください.

  213. [課題]データベース2最終課題(昼間主・夜間主)(2003年2月3日記入)

    ■昼間主
     ・第10章177ページのような逐次刊行物検索システムを完成させる。レポートは181ページのStep8:レポートの作成要領をよく理解して作成すること。プログラムリストの提出だけでは受け付けない。また、授業中に述べたように、自分のアイデアを盛り込んだり、キーワード検索機能を付加した作品は高く評価する。
     ・提出期限:2月14日(金)ワード文書またはPDF文書として、当サイトの文箱に提出する。印刷して提出したい者は、研究室214へ持参すること。
     ・第5演習室でないとシステム開発ができないので、もし、第5演習室が閉まっているときは、事務室へ連絡して使用許可を得てください。(その旨、連絡してあります。)

    ■夜間主
     ・第9章158ページの問1から問3は必須。問4あるいは第10章のデータベースを応用したシステム開発によるレポートは高く評価する。
     ・提出期限:2月14日(金)ワード文書またはPDF文書として、当サイトの文箱に提出する。印刷して提出したい者は、研究室214へ持参すること。
     ・情報処理センターは2月以降、午後5時にて閉館となるため、パソコン所有者は、第8章135ページのPWSの設定を実施して、各自のパソコン上で開発できるよう設定に努力してください。パソコンがない人は203演習室(研究棟2階)のパソコンを経済学部総務係の人と相談して、使えるようにはかってみます。


  214. [其他]「遊び」にスキー動画追加!ご覧ください!(2003年1月9日記入)

    メニュー「遊び」に、小生のスキー滑走中の動画をストリーミングで提供開始しました。

  215. [休講]データベースシステムUの補講について(2002年12月27日記入)

    1月6日(月)2,3限目に標記科目の補講を,情報処理センターで行います.
    補講内容は,第10章を実習形式で行います.

  216. [其他]冬休み中のサーバー停止について(2002年12月27日記入)

    12月27日より1月6日10時まで,冬休みのためサーバーを停止します.
    皆さん良いお年を!!!

  217. [課題]データベースシステム2 VBScriptの演習(158ページ)(2002年12月6日記入)

    158ページの問1から3までは必須課題とします。
    問4の、第9章で学んだことを応用して自由なシステムを設計・構築された方は高く評価します。強い興味とWebプログラミングの面白さを理解された方は、挑戦してください。何事も好奇心(能動性)がないと進歩し(応用力がつき)ません。

  218. [其他]データベースシステム第9章一部訂正(2002年12月6日記入)

    第9章152ページの日付処理関数のDateDiffの説明に誤りがありましたので次のように訂正します。

    誤:2つの日付データの差を返す。第1パラメータが、"d"は日数、"y"は年数

    正:"yyyy"は年数

    お詫びして訂正します。
    VBScript演習(3)で dateDiff関数を利用された方は、上記の訂正に留意してください。

  219. [其他]データベースシステム(夜間主)解答例(2002年11月22日記入)

    11月21日に実施したデータベースシステムT(夜間主)の解答例を掲載しました.

  220. [予定]データベースシステムT(夜間主)試験(2002年11月18日記入)

    夜間主データベースシステムTの筆記試験は、
    11月21日(木)7限目に23番教室で実施します。
    なお、6限目は情報処理センター第5演習室にて、実習の続きを行います。

  221. [課題]データベースシステム1(夜間主):第2回課題(2002年10月24日記入)

    課題:第2章50頁「SELECTの基本例題」を考える。
    提出日:10月31日の講義時

  222. [課題]データベースシステム2(レポート)(2002年10月23日記入)

    第3章62ページ「正規化の演習」問1,問2を答える.
    わかりやすく図示すること.

  223. [予定]ゼミ卒論作成スケジュールについて(2002年10月7日記入)

    谷口ゼミの卒論作成に向けた、これからの予定をお知らせします。

    ・10月28日:テーマと骨子の発表->問題設定と解決手法。導こうとする結論の説明。

    ・11月18日:中間発表
    第1章 序論
    1.論文のテーマとなる問題(点)の表明(明確化)
    2.その問題が認識されるまでの背景について
    3.現状の説明
    4.その解決策の提案
    5.その解決策に対して自分がどのようにアプローチしようとしているかの説明
    6.その成果への期待
    第2章 基礎知識
    その問題に関連する基礎知識について、構成を考えてまとめる。おそらくこの部分の記述が、
    皆さんの頭の中では論文だと思われているところではないかと思います。
    しかし、ここは問題を解決するための基礎知識なり基礎技術に相当します。これで終わること
    はいけません。 あくまでも基礎知識です。とは言え、この部分で必要字数の半分以上を稼ぐ
    必要はあるでしょう。(~:~)
    第3章 問題の解決策の提案
    アウトラインくらいはしたためておく。

    ・12月16日:最終報告(5限目まで通しで行う)->終了後ケーキパーティ

    ・1月9日:午後12時提出

  224. [予定]第1回データベースシステムIIについて(2002年10月4日記入)

    9月7日(月)からデータベースシステムIIが始まります.講義予定としては,
    1.第3章データベース設計論
    2.第4章データベース設計技法
    を23番教室で行い,そのあと,情報処理センターにて,
    3.Webシステムの説明
    4.第8-10章のWebシステムの演習
    を行います.

     第3章と4章のプリントはすでに配布していますから,忘れないで持ってきてください.

  225. [其他]データベースT:レポート提出状況の掲示(2002年7月16日記入)

    データベースシステムTのレポート提出状況を掲載しました。○が付いているレポートは受理していることを表します。ご確認ください。もし、間違いがありましたらご連絡ください。

  226. [予定]補講(2002年7月15日記入)

    2時限目に情報処理センター第5演習室にてデータベース構築の実習補講を行います。

  227. [課題]データベースシステム1課題4(2002年6月10日記入)


    1. 50ページ「SELECTの基本例題」
    2. 51ページ「SELECTの応用例題」

    に示されたSELECTコマンドを実行した場合の検索(出力)結果を表で示す。

    3. 52ページ「課題」

    では問題1から5で要求された演算を実現するSELECTコマンド文を示す。


    以上の3ページ分の課題は必ず次回までに行うこと。次回、6月17日は情報処理センター第5演習室で、実際に上記の例題データベース
    を作成し、SELECTコマンドを実行して、答えが正しかったかどうかを検討する。

  228. [課題]データベースシステム課題3(2002年6月5日記入)

    第2章P.32,33を今週の課題としました。
    来週は第2章の3番目のテーマである「データベース操作言語SQL」について講義します。それが終わると、情報処理センターでコンピュータを使った実習に入る予定です。

  229. [課題]データベースシステム1課題2(2002年5月28日記入)

    5月27日の講義で,2回目の課題を出しました。課題内容は以下のとおりです。

    問1.第2章28ページの最下段の問。
    各項ごとに演算結果のリレーション(テーブル)を示し,最終的に商演算の結果になることを示す。

    問2.30ページ集合演算の演習
    【問1】から【問4】まで

    問3.31ページ直積演算の演習
    【問1】,【問2】

  230. [課題]データベースシステム1課題No.1(2002年5月16日記入)

    第1章12ページの問1,問2を考え、二相施錠方式に従えばデータベースの一貫性が保証されることの意味と二相施錠方式が抱える問題点を指摘しください。これらを通じてデータベースの重要な機能である並行処理制御について理解を深めてください。

  231. [其他]参考図書(2002年5月13日記入)

    講義資料は,授業時配布するとともに,当Webサイトの文箱からも閲覧できますが,以下を参考図書として推薦します.
    1.データベース,西尾章治郎,上林弥彦,上村俊亮共編,オーム社
    2.RDBMS技術解説,滝沢 誠,ソフトリサーチセンター
    3.図解雑学「データベース」,メディアミックス、ナツメ社
    4.データベースシステム,北川博之,昭晃堂
    5.標準データベーススペシャリスト教科書,平尾隆行,オーム社
    6.データベース入門,中村史郎 日経文庫
    7.RELATIONAL DATABASE SYSTEMS, Dan A.Simovici, Richard L,Tenney, ACADEMIC PRESS
    8.INSIDE RELATIONAL DATABASES,Mark Whitehorn and Bill Marklyn,Springer

  232. [予定]情報管理学科新入生オリエンテーション(2002年4月10日記入)

    ご入学おめでとうございます。
    情報管理学科オリエンテーションのご案内
    日時:4月10日1時半から
    場所:情報処理センター第5演習室
    持参物:シラバス,学科案内、学部規定など

  233. [予定]データベースシステムT&Uを担当します(2001年4月4日記入)

    本年度より,私の担当講義科目が「データベースシステムTおよびU」になりますのでご注
    意下さい.
    現在,講義テキスト「データベース&Webシステム」を作成中です.完成しましたら,生協で販
    売していただくとともに,文箱にアップします.
    では,本年度もよろしくお願いします.

  234. [其の他]卒業論文の構想(2000年6月1日記入)

    第1章 序論

    1. 論文のテーマとなる問題(点)の表明(明確化)
    2. その問題が認識されるまでの背景について
    3. 現状の説明
    4. その解決策の提案
    5. その解決策に対して自分がどのようにアプローチしようとしているかの説明
    6. その成果への期待
    第2章 基礎知識
    その問題に関連する基礎知識について、構成を考えてまとめる。おそらくこの部分の記述が、 皆さんの頭の中では論文だと思われているところではないかと思います。
    しかし、ここは問題を解決するための基礎知識なり基礎技術に相当します。これで終わることはいけません。 あくまでも基礎知識です。とは言え、この部分で必要字数の半分以上を稼ぐ必要はあるでしょう。(~:~)
    第3章 問題の解決策の提案
    アウトラインくらいはしたためておく。